ハロー!RENOVATION

まちづくり参加型クラウドファンディング

東京都中央区銀座

銀座の"空きカプセル"

ファンディングへ向かうプロジェクト開始!

プロジェクトリーダーの活動
  • 賃料:5万円
  • 土地面積:441.89㎡
  • 建物面積:10.00㎡

銀座8丁目にあるこの建築。インパクトのある外観と立地から、みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。
その名は、中銀カプセルタワー。約10㎡の丸窓のある箱「カプセル」が140個、「タワー」にくっついているとてもユニークな設計です。しかも、このカプセルは取り替え可能な設計になっているんです。二拠点居住とか、タイニーハウスとか、モバイルハウスとか、スケルトンインフィルとか。現代に生まれた新しい住まいや暮らし方を、すでに45年前にデザインした名作建築ですね。いや、まだまだ私たちは、中銀カプセルタワーに追いついていなかもしれません。
老朽化が進んでいることも事実で、幾度となく解体についても議論されてきましたが、そもそもは、カプセルを取り替えることで新陳代謝する建築ですから、この名作建築を保存・再生する動きが活発化しています。
ハロー!RENOVATIONでは、まずは1カプセル(そうです、この空間を所有されている皆さんは「カプセル」と呼ぶのです)のリノベーションから始めて、みんなの力で中銀カプセルタワーの保存・再生を目指していきます!

Anyone who passes by a conspicuous building which stands on a busy main road in the 8-chome area of Ginza will likely remember it because of its unforgettable appearance. The uniquely-designed “Nakagin Capsule Tower”, as it is known, houses 140 “capsule” housing units attached to two “towers”. Each capsule is about 10 m2 in size, and comes with a circular window. The capsules are detachable for upgrades, which is one of the interesting features of the building. Today, some new concepts for housing, such as two-based residency (having dual residences), tiny houses, mobile homes, Skelton-infill housing etc., that are suited to our contemporary lifestyles are in fashion; however, the Capsule Tower had already proposed these concepts some 45 years ago. So in essence we are the ones catching up with the concept of the Capsule Tower. Since the building became dilapidated, discussions concerning it being torn down were held many times; however, because a ‘metabolic’ feature of the structure was the systematic replacement of each capsule as needed, a local, active movement to preserve and renovate this famous architectural work has emerged.
We at “Hello! Renovation” will start with renovating one capsule. Together with all our supporters, we are aiming for the tower’s preservation and revitalization!

アイディアコメントこの物件の活用アイディアを投稿しよう!
ABOUT
宇宙船のような空間デザイン。住まいを増やす、取り替える。カプセルホテルの原型。この建築を言い表す言葉は、とてもたくさんあることでしょう。
1972年.まだ卓上電卓が普及するかしないかの時代に、この斬新な思想の建築は生まれました。日本を代表する建築家・黒川紀章氏によって設計された集合住宅。当時、メタボリズム(新陳代謝)と名付けられた建築運動・思想は、東洋からの前衛的な考え方として、海外で高く評価されました。今でもこの建物の前では、毎日たくさんの外国人旅行者がこのカプセルタワーを撮影している、大人気スポットになっています。都市が新陳代謝する。多様性のある暮らし、働き方、そして住まい方を、45年も前に提案し実現した名作建築です。

この名作建築を残そうと、積極的に活動されているのが「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」(https://www.nakagincapsuletower.com)。代表の前田達之さんは、すでにたくさんのカプセルを所有されていて、原設計の空間を保存されたり、書籍の発行、見学会や写真展の企画など、ご活躍されています。そして、その中の1つのカプセルを、ハロー!RENOVATIONに掲載いただくことになりました。このカプセルを、空間的にも利活用の方法としてもリノベーションして、まさに本来の設計思想に沿った多様な使い方ができれば、カプセルタワー全体の保存・再生に繋げていくことができると考えていらっしゃいます。

丸窓が特徴のカプセルは、幅2.5m×奥行き4.0m×高さ2.5mの大きさ。カプセルタワー全体で140コあります。このたくさんの「カプセル」が、建物全体を支える構造と設備や動線シャフトとなっている「タワー」にくっついています。
この最小限とも言うべき居住空間には、もともと備え付けのベッドや家具、電話やテレビ、オープンリールデッキ、そしてユニットバストイレが、まさに宇宙船のようにデザインされていました(写真参照)。今でも十分に未来を感じさせるデザイン。本物件では、これらは全部取り除かれた箱としての空間を利用できます。当時の建築にはアスベストが使われていますが、すでにアスベストについては処理済みです。

最初に書いてありますが、場所は銀座8丁目。念のため、東京都中央区銀座8丁目です。この立地だけでも、いろんな利活用の可能性が妄想できそうですが、この特別なカプセル空間を大いに活かしたアイデア・事業を大募集します!
大注目のこの物件。ハロー!RENOVATIONらしく、たくさんの方々にサポートを受けて進めていくことができそうです。45年前に提示された未来に、みんなで追いつき追いこしましょう!

When referring to this building, a legion of words may be conjured up in one’s mind: the spaceship-like design; a residential unit; replaceable parts; and a prototype for capsule hotels.
In 1972, around the advent of desktop calculators, this innovative concept for collective housing was devised by Kisho Kurokawa, who is famous as one of Japan’s important figures in architecture. At the time of the Capsule Tower’s completion, a Japanese movement or concept called “metabolism” in architectural circles was highly acclaimed abroad as a cutting-edge idea from the East. Even today, this building is a popular destination for foreign visitors taking photos. Some 45 years ago, this masterpiece building presented and expressed a city’s metabolism, people’s diversified lifestyles, workstyles, and types of living arrangements.

The “Nakagin Capsule Tower Preservation and Revitalization Project” (https://www.nakagincapsuletower.com) is comprised of a group of people working energetically at preserving the building. Mr.Tatsuyuki Maeda is a representative of the project working to advance it, and he is also an owner of several capsules (units). He is actively initiating preservation activities such as renovating units to their original state, publishing books, organizing Capsule Tower visiting tours, and holding photo exhibitions. Under this project, one of Mr. Maeda's properties will be put up for rent via Hello! Renovation. Mr. Maeda thinks that renovating the capsule and turning it into a more functional one, will allow it to be versatilely used as Kurokawa originally intended, subsequently advancing the entire Tower’s preservation and revitalization.

The size of the capsule is 2.5 m (width) x 4.0m (depth) x 2.5m (height). There are 140 capsules in all, each of which comes with a striking circular window. These capsules are attached to the two towers which serve as the structural supports, while also containing utility cables and elevator shafts/stairways.
The minimal-sized residential space of the capsule was designed like a spaceship, originally including a built-in bed and a unit bath with a toilet; it is furnished with a telephone, a TV, and a reel-to-reel tape deck (cf. photo below). The interior design still appears futuristic to this date. For this property, the future user could utilize the capsule as a mere empty space for any purpose, because all the amenities will be removed. At the Capsule Tower’s completion, asbestos was legally in use, though this has already been dealt with for this capsule.

As has already been mentioned, the property is located in 8-chome in Ginza (address: 8-chome, Ginza, Chuo-ku, Tokyo). If you hear the location, you can imagine its usage may be limitlessly versatile. We welcome your ideas and/or business plans!
Currently, this property is receiving a lot of public attention. We at Hello! RENOVATION are optimistic of receiving many people’s support in moving this project forward. Together, let’s catch up with the Capsule Tower’s futuristic look presented some 45 years ago!
物件詳細
場所 汐留駅・新橋駅・東銀座駅から徒歩数分、中央区銀座8丁目。説明不要の超都心立地ですね!
土地面積 441.89㎡ 建物面積 10.00㎡
建ぺい率 80% 容積率 700%
土地権利 --- 地目 ---
建物構造 鉄骨鉄筋コンクリート構造・鉄骨造 現況 空き家
所在階 8F 築年数 1972年4月
間取り 1カプセル 敷金 相談
礼金 相談 都市計画 都市計画区域内
用途地域 商業地域 公法制限 防火地域
管理費 --- 修繕積立金 ---
取引様態 媒介 引渡し日 相談
備考 ※掲載内観写真のうち、室内が仕上げされているものは参考写真です

オーナーからのメッセージ

この建物の保存を目的とした、「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」を主催しています。
外見の奇抜さはもちろんですが、日本から世界に発信された「メタボリズム運動」の代表作品であり、国内外問わず、今でも多くの見学者が訪れます。
プロジェクトでは老朽化カプセルをリノベーションして使えるようにすることで、いままでに20以上のカプセルを再生させてきました。
カプセルの存在を国内外に広めることができる、斬新なアイデアをお待ちしています。

Hello. My name is Tatsuyuki Maeda, and I am leading the “Nakagin Capsule Tower Preservation and Revitalization Project” which is aiming to preserve this building.
Besides its unique appearance, the building is an iconic work of the “metabolism” architecture movement that Japan proudly sent out to the world. Still today, it attracts many visitors from home and abroad.
In our project, we have renovated more than 20 dilapidated capsules so far, turning them into usable ones.
We look forward to hearing your new ideas, to allow more people in Japan and abroad to get to know about the Capsule Tower.

この空き家の利活用に興味がある!
プロジェクトを立ち上げたい!

この空き家で事業をしたい
その他、この物件に関するお問い合わせはこちら