ハロー!RENOVARTION

ハロー!RENOVATIONとは? menu

三浦郡葉山町堀内

歴史的建造物×ハロリノ、はじまります。

息をのむ美しさの洋館、次に繋いでいかない理由がない!

  • 25,000万円
  • 土地面積:1886.37㎡
  • 建物面積:264.45㎡

ハロー!RENOVATIONが生まれて2ヶ月、御年83年の歴史的建造物に出会いました!
葉山別荘建築の最盛期である昭和8年に建てられた洋館。本物の中の本物の別荘。映画の世界に入ったかのような風景です。
とても大事に住み継がれ、美しい佇まいと広々とした庭は、当時のままの姿を今に伝えています。現オーナーも若い頃から暮らされ、愛情をもって一緒に過ごされてきましたが、そろそろ新しい方にこの建築を繋いでいこうと考えはじめました。
誕生したばかりのハロー!RENOVATIONが、この大先輩建築を相手にどんなアイデアで次世代に繋いでいくのか。ハロリノサポーターのみなさん腕の見せ所です!

アイディアコメントこの物件の活用アイディアを投稿しよう!
ABOUT
写真でも伝わりますよね、この美しく静かで伸びやかな空気感。丁寧に使われてきたこの洋館を眺めていると、本当に当時にタイムスリップしたかのように感じられます。葉山町にはいくつか歴史的建造物として知られる別荘が残っていますが、この洋館は敷地の入り口から玄関までのアプローチも当時のまま。約570坪!もある敷地に入ると、すぐには洋館が見えず、少し歩いて行くとしだれ桜の向こうにこの姿が見えてきます。この時間と庭の風景がきっと当時へと想いをつなげていくのでしょう。
庭には数年では決して育たない大きさの桜や百日紅。そして広々とした芝生の庭が広がっています。洋館に目が奪われがちですが、この豊かなアプローチと庭もいろいろな可能性を秘めた場所になりそうです。

ハーフテインバー様式の外壁とデザインされた白い窓枠とオレンジの屋根が織りなす外観は、美しくもあり可愛らしくもあり。この建築は、早稲田大学教授の建築家・佐藤功一氏による設計。日比谷公会堂や早稲田大学大隈記念講堂も設計された巨匠の手によるもので、全体の構成はもちろん、インテリア・素材も細部まで工夫が行き渡っています。だからこそのこの佇まいなんですね。2015年にはある大学の研究室が現状を調査され、報告書にまとめていらっしゃるくらい、歴史的建造物として認められています。

プランニングを間取り的に記載すると、11LDK!
これに加えてなんと階段が2つ(メインの階段は広々とした回り階段)、トイレも2つ。さらに、庭とまちの風景がとても綺麗に見渡せる2Fバルコニー、洗面室と浴室。当然廊下も広く、廊下だけで使うのがもったいない豊かさです。
白と黒の美しいタイル張りの玄関に始まり、暖炉とステンドグラスの応接室、大きな窓5面で構成されるダイニング、日本間と板間がつながり縁側で陽の光をたくさん感じられる居間は、ぼんやりと庭を眺めるには最高の空間です。2Fの個室は、庭や周辺の山々の風景が美しく切り取られた窓がとても印象的。1Fよりもさらに静かな空間という印象で「葉山の別荘に遊びにきたんだなぁ」と自然に感じられます。どれだけ書いても語り尽くせない、これらの魅力的な空間は、きっとこれまで繋いできた時間のたまものなのでしょう。
ちなみに(といってもちなみにレベルではないですが)この洋館の他に木造住宅が1軒(洋館を建てる前に建っていた建物を移築したんだそうです)物置となっている大きな建屋が1軒と、3〜4台は停めれそうな駐車場があります。

この洋館までは、逗子駅や高速道路からのアクセスが県道と国道でわかりやすく、洋館から森戸海岸までは徒歩で15分くらい。都市と自然へのアクセシビリティの良さも兼ね備えている点もポイントになりそうです。

ハロリノ史上最も大きなプロジェクトかもしれませんが、これこそみんなの力で繋いでいくハロー!RENOVATIONにぴったりなプロジェクト。いろいろなアイデアを出し合うことで見えてくる新しいカタチが生まれてきそうです。
物件詳細
場所 JR横須賀線「逗子」駅よりバス8分。バス停から徒歩3分で、国道から少し入った閑静な住宅地。敷地の北側には美しい竹林が広がっています。葉山の海にもお散歩しながら歩ける立地。
土地面積 1886.37㎡ 建物面積 264.45㎡
建ぺい率 40%・60% 容積率 80%・200%
土地権利 所有権 地目 宅地
建物構造 木造瓦葺2階建 現況 居住中
所在階 --- 築年数 昭和8年7月
間取り 11LDK 敷金 ---
礼金 --- 都市計画 市街化区域
用途地域 第1種低層住居専用地域・第1種住居地域 公法制限 第4種風致地区・近郊緑地保全区域・土砂災害警戒区域
管理費 --- 修繕積立金 ---
取引様態 媒介 引渡し日 相談
備考

オーナーからのメッセージ

若い頃を過ごした思い出もあり、今でも庭の木々を手入れして家庭菜園なども楽しんでいます。このハロー!RENOVATIONを通じて、この建築と風景を繋いでくださる方にお譲りしたいと考えております。

この空き家の利活用に興味がある!
プロジェクトを立ち上げたい!

この空き家で事業をしたい
その他、この物件に関するお問い合わせはこちら