ハロー!RENOVARTION

ハロー!RENOVATIONとは? menu

神奈川県逗子市新宿

逗子アミーゴ!

ファンディングへ向かうプロジェクト開始!

プロジェクトリーダーの活動
  • 賃料:¥150,000
  • 土地面積:---
  • 建物面積:46.98㎡

逗子の「文化拠点」ってどこ?と聞いて、地元の皆さんから「シネマ・アミーゴ」と返ってくることも多いと思います。もしくはそのシネマ・アーミゴが毎年ゴールデンウィークに開催する「逗子海岸映画祭」のイメージから「逗子海岸!」と答えられる方も多そう。
そんな逗子の若者文化の中心となっているシネマ・アミーゴ隣りの建築を、まさに逗子全体のまちづくりのために活用される方を募集します。
この建築はこれまで建築家・都市計画家である長島孝一さんの設計アトリエとして使用されてきました。長島孝一さんは、物件オーナーであり、またシネマ・アミーゴの館長である長島源さんのお父さまであり、さらには逗子のまちづくりにも昔から深く関わられてきた方でもあります。長島さんは、美しい松林の風景が残るこの場所を逗子市全体も見据えた視点で活用することを望まれています。このプロジェクトに関わる人々がそのことを意識し、1つの建築の活用を通じてシネマ・アミーゴやアミーゴ・キッチンと共鳴し、逗子の街がますます共歓的なマチになるきっかけになってくれればとの思いで、この場所を開放くださることになりました。

アイディアコメントこの物件の活用アイディアを投稿しよう!
ABOUT
「シネマ・アミーゴ」は食事をしながら映画を楽しめるシネマカフェ。上映作品もバリエーション豊富で上映予定を示すカレンダーを眺めるだけでもワクワクします。今回の建物はお隣りでして、路面スペース(地下1階にあたります)は「アミーゴ・マーケット」として、テイクアウトのコーヒーからお惣菜や雑貨販売など、より気軽に立ち寄れるお店になっています。さらにお向かいには「黒門カルチャーくらぶ」があります。古民家レンタルスペースとして逗子市民の方々も気軽に集まれる場所として親しまれています。
逗子の中でも、この場所はどこか特別な雰囲気を持っています。それは風格のある松の木々が多く残っていることが大きいのではないかと感じます。鎌倉に隣接するまちとして、明治から昭和初期にかけて別荘地として発展。その時代、海沿いは一様に松林と瓦屋根の景色で、その中に洋風建築もポツポツと点在する姿が、逗子の「原風景」だったようです。現在、その原風景の痕跡を探して、辿り着くのが、この新宿1丁目の界隈と言えます。

さて建物の話をしていきます。設計はオーナーでもある建築家、長島孝一さん。長島さんの設計アトリエとして1988年に建てられました。”三角窓のアトリエ”として専門誌に紹介された特徴的な外観です。前述の「アミーゴ・マーケット」の脇から階段をあがると1階に玄関があり、扉が2つ。1つはオーナーが個人アトリエとして利用される部屋に続きます。今回借されるのはもう1つの扉からさらに階段を上ったところにある2階と吹き抜けの空間を介したロフト・スペースです。2階は約18帖のほぼ正方形の1室。ロフトを支える柱が一本あるだけで、使いやすい空間です。コーナーにはミニシンクとトイレも完備されています。ロフトは約10帖で、大半が普通に立っていられる天井高さで、2階とは吹抜けでつながっていて南に面した大きなガラス面があり開放感があります。一階から連続して同じ普通の階段で昇り降りできるので、ロフトというよりも三階のフロアーとして感じられます。

長島さんは都内の本事務所に対して「職住近接」の試み、提案として、この建築をつくりました。またスタッフにとっては「サテライトオフィス」という位置付けをしていました。。通勤とは逆方向の電車で海が見える仕事場に来る、そんなワークスタイルを80年代に提示されていたわけです。以来IT化も進み今では鎌倉・逗子・葉山エリアで増えてきつつある新しいライフスタイルかもしれません。長島さんからすれば、そのスタンスは今も変わりません。まだまだ「逗子都民」といったライフスタイルが卓越する中で、逗子らしい働き方ができる場所として、ここを舞台に1つ考えてみるのは、いかがでしょうか。

まずは逗子でこんなことをやっている、やってみたいといった情報共有からがスタートになるかもしれません。その先には、このエリアを中心に、新たな連携のかたち、まちとの関わり方、人と人とがつながるアイデアなどが展開されていくことさえ期待できそうです。
物件詳細
場所 JR横須賀線「逗子」駅、京急逗子線「新逗子」駅、どちらの駅からも徒歩15分ほど海に向けて歩き、国道134号線と並行した1つ内側の道(旧浦賀道)沿い。松の木々と「シネマ・アミーゴ」をはじめとした、いくつかの店舗がまちなみの中に点在する、古くて新しい逗子らしいエリア。
土地面積 --- 建物面積 46.98㎡
建ぺい率 --- 容積率 ---
土地権利 --- 地目 ---
建物構造 木造、道路レベル階のみRC造 現況 オーナー使用中
所在階 2階+ロフト 築年数 29年
間取り 2R+トイレ 敷金 相談
礼金 相談 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種住居地域 公法制限 ---
管理費 --- 修繕積立金 ---
取引様態 --- 引渡し日 相談
備考 ※2階面積:30.78㎡、ロフト面積:16.20㎡(1階入口から2階へ至る階段面積は含まず)

オーナーからのメッセージ

地域を楽しんで生活の中に仕事をつくっていくような方に、ぜひ借りていただきたいと思います。同じ建築を一緒にシェアする格好になるので、楽しみながら仕事のできる方が良いですね。

この空き家の利活用に興味がある!
プロジェクトを立ち上げたい!

この空き家で事業をしたい
その他、この物件に関するお問い合わせはこちら