空き家再生プロデューサー育成プログラム スペシャルコース

「空き家再生プロデューサー」とは、自ら事業を起こしたい人のサポートやコンサルティングをしたり、地域の空き家と事業オーナーとのマッチングを行ったり、自分の専門性、コミュニティ、人とのネットワークを活かして、地域のファシリテーションをする役割です。さらには、自分自身で空き家再生のアイデアをかたちにできる人材です。

空き家再生プロデューサーには不動産・建築に関連することはもちろん、事業計画、資金調達、場の運営・管理から発信やコミュニティづくりまで、様々な分野を横断した幅広い知識と経験が求められます。

スペシャルコースは2週間鎌倉に滞在しエンジョイワークスで実践的に学びます。

※ 本プログラムは平成30年度国土交通省「地域の空き家・空き地の利活用等に関するモデル事業」に採択され、株式会社エンジョイワークス、福島県西会津町商工観光課、一般社団法人BOOTが協力して開発した「空き家再生プロデューサー育成プログラム1カ月版」をもとにプログラム開発・実施しております。

programプログラム概要

参加型まちづくりを
実現するためのプログラム

受講前に面談を行い、将来実現したい目標を設定します。

まちづくりの中心として貢献していくために必要な、事業や収支の計画から、イベント企画、ファンドの設計までの幅広いスキルを身につけ、プログラム完了後、地域に戻ってから、すぐに活動を始められる内容としています。最終日には各自の取り組みをまとめ、成果発表していただきます。

また、プログラム期間中だけではなく、プログラム受講前から卒業後まで、全体を包括してエンジョイワークス事業企画部がメンターとなり成長をサポートします。

あなたの目標を実現するためのプログラム
target personsこんな人におすすめ
  • 人と人をつなげ
    地域コミュニティを
    活性化させたい方
  • すでに不動産業をやっているが、
    事業規模をまちづくりにまで広げたい会社
  • 地域に仕事を生み出したい
    地域おこし協力隊の方
  • まちづくり系NPO/
    一般社団法人の方
  • 建築設計事務所の方で
    面的な展開をしたい方
  • 空き家再生・利活用を
    ビジネスにしたい方
  • 場の運営や
    コンサルティングについて
    学びたい
  • 不動産特定共同事業者
    となり、
    地域を
    盛り上げたい方

facility充実の施設

カフェ HOUSE YUIGAHAMA

カフェ HOUSE YUIGAHAMA

エンジョイワークスが鎌倉由比ガ浜通りで運営するカフェ「HOUSE YUIGAHAMA」では飲食業の接客や運営の実習が行えるほか、イベント企画による集客やコミュニティ運営に関しても、実際にお客様やイベント参加者と接する中で感覚的に理解することができます。

宿泊施設 Hostel YUIGAHAMA +SOBA BAR

宿泊施設 Hostel YUIGAHAMA +SOBA BAR

ベッドメイキング、清掃など宿泊施設における実習が行えます。また、約1ヶ月間のプログラム期間中、リーズナブルに鎌倉に滞在できるよう、「Hostel YUIGAHAMA +SOBA BAR」のドミトリーを受講生特別料金にてご用意いたします。1Fには地域の人気そば店「ふくや」の二号店が入っており、世界からの旅行者や地元の人とおしゃべりを楽しみながら美味しい山形そばや地酒を味わうことができます。また、朝食セットも提供しています。

※受講者限定宿泊プランはご利用できる人数に限りがあるため、先着順での受付となります。施設の予約状況によりご利用ができない場合がありますのでご了承ください。

シェアオフィス Satellite YUIGAHAMA

シェアオフィス

由比ヶ浜駅前のビルをリノベーションしたコワーキングスペース「Satellite YUIGAHAMA」は、フリーアドレスの座席とテラス席に加え、個室ブースや屋外サーフボード置き場があります。利用者管理等の運用はもちろん、鎌倉市の補助金事業としての施設のなりたちから、ターゲット設定、利用者の交流を促すコミュニティづくりにつながる取り組みなどが学べます。

鎌倉駅より徒歩7分には「Satellite ROKUJIZO(https://satelliteyuigahama.com/rokujizo/)」もあります。

mentoring実現まで共に

担当プロデューサー

担当プロデューサー

受講生にはひとりひとりにエンジョイワークスの担当プロデューサーがつきます。受講前の事前課題から個別相談でプロジェクトの実現を支援します。受講後もオンラインや出張によりプロジェクトの相談にのりあなたと共にプロジェクトの実現を目指します。

クラウドファンディング

クラウドファンディング

実際にプロジェクトを開始するにあたり直面する資金調達の問題。エンジョイワークスが運営する、空き家・遊休不動産等の再生・利活用に特化した、まちづくり参加型クラウドファンディングサービス「ハロー!RENOVATION」でクラウドファンディングを実施できます。目標額の設定から、投資家特典の内容、募集文の添削など、募集額達成に向けた企画制作をサポートします。

ハロリノノート

ハロリノノート

2020年4月、空き家再生ノウハウの習得と現場での実践をサポートするサービス「ハロリノノート」をリリースいたします(2020年1月10日体験版発表)。創業・開業のコンサルティング方法、不動産ファンドの組成・運営等についての「講義」を読んで、必要なノウハウを習得することができます。共感を得やすいプロジェクトの事業計画作成のために当プロジェクトにも。

information募集要項

開催日程
第1期開講日程 2019年3月1日(金)~2019年3月30日(土)終了
第2期開講日程 2019年6月1日(土)〜2019年6月29日(土)終了
第3期開講日程 2019年11月1日(金)〜2019年11月30日(土)終了
第4期開講日程 2020年4月20日(月)~2020年5月2日(土)終了
受講時間
月、火、木、金、土曜日の 9:30~18:30
※毎週水、日曜は休講
※終了時刻は内容により変更となる場合があります。
受講カリキュラム数
3コマ/1日 ✕ 10日 = 全30コマ ※1コマは2.5時間程度
定員
10名(予定)※各期の最少催行人数は2名
開催場所
株式会社エンジョイワークス(神奈川県鎌倉市由比ガ浜1丁目) 事務所及び運営施設等
対象
空き家再生をビジネスにしたい方、地域のまちづくりを先導したい方
選考
WEBエントリー後、オンライン面談のうえ受講者を決定いたします。 エントリー後、約2週間程度で選考結果をお知らせいたします。
主催
株式会社エンジョイワークス
受講費
¥200,000(税別)
※プログラム受講開始日1週間前までに銀行振込となります。
受講費
「Hostel YUIGAHAMA + SOBA BARプログラム受講者限定宿泊プラン」(受講開始日から終了日までドミトリーに連泊)
特別料金
男女共用ドミトリー:¥30,000(税別)
個室:¥90,000(税別)

※受講者限定宿泊プランはご利用できる人数に限りがあるため、先着順での受付となります。施設の予約状況によりご利用ができない場合がありますのでご了承ください。

快適なベッドでお得に鎌倉滞在
Hostel YUIGAHAMA + SOBA BAR

entry受講申込

下記よりお申し込みください。

お問い合わせ・お申し込み

※「ハロー!RENOVATION」への会員登録(無料)が必要となります。

Q&A

Q.カリキュラムのうち一分野だけを学びたいのですが?
A.空き家再生を俯瞰的な視点からプロデュースできる人材を育成したいという狙いがあります。したがって、原則すべての分野を受講していただきます。ただし、すでに一部の専門知識を十分習得している受講者の場合、必要に応じてカリキュラムの内容を検討いたします。ご相談ください。
Q.受講開始日はいつからですか?
A.現在募集中の期間はこちらをご確認ください。人数に限りがあるため、応募が多数の場合には、別の日程での調整をさせていただくか、お断りさせて頂く場合もございますことをご了承ください。
Q.二週間の滞在中はどこに宿泊しますか?
A.滞在場所は自由となっています。なお、受講生はお得な金額で弊社運営のHostel YUIGAHAMAのドミトリーにご宿泊いただけます。
Q.リモートでのサポートとはどのようなものですか?
A.WEB会議のサービスを利用して弊社メンターが受講者の事業に関するメンタリングを行います。受講後1年間を無償での相談期間と定め、受講生からの希望があれば月に1回程度を目安として利用できます。
Q.カリキュラム受講中の仕事(学校)はどうすれば良いですか?
A.本スクールは就業ではありませんので、受講中のお仕事は自由です。ただし受講時間内は基本的に電話やメールも制限されることをご理解ください。また学生の場合は長期休暇を利用するなどして受講されることをオススメいたします。
Q.時間外に行う課題などはありますか?
A.基本的には受講時間内に課題制作にあたっていただきますが、場合によって受講時間外に行うこともあります。
Q.受講を期間の途中で中止する(再開する)ことはできますか?
A.申し出があれば、受講期間中でも受講を中止することができます。ただし、受講料の返還はいたしません。また、怪我や天変地異などやむを得ない事情で受講を続けられない場合には、再受講日を協議の上決定させていただきます。
Q.受講に際しての注意事項はありますか?
A.カリキュラムの特性上、受講前にエンジョイワークスと受講生の間で受講期間中の行動や機密保持等に関する「覚書」をかわします。

experienceスペシャルコース“1カ月版”
受講者の声

※過去に実施された「1カ月版」の受講者の方の感想です。
「2週間版」とは一部カリキュラムが異なります。詳細はお問い合わせください。

池内 真紀子さん

池内 真紀子さん
石川県

今回このプログラムを受けて、実は裏切られました。良い意味で!!
私にとってそれは考えもしてないことでした。1つの空き家を再生するプロジェクトをやっていく中で、自分だけでするのではない。色々な人に自分ごとにしてもらうという事の大切さ。今その時に企画したプロジェクトが少しずつ形になってきています。そしてそこからさらに繋げていくことを考えたいと思います。

松下 梓子さん

松下 梓子さん
沖縄県

現在、地域おこし協力隊として空き家活用などをミッションに活動しています。まずは自らが空き家リノベーションを行い、そこを地域や情報発信のハブとして利用していこうと考え、必要な知識を得るために今プログラムに参加。想像以上にハードな1ヵ月でしたが、作り上げたマイプロに沿って、島でのプロジェクトが走り出したところです!
事業部や担当プロデュサーとの刺激的な日々、仲間との出会いは今後も自身の大切な財産になるだろうと思っています。

橋詰 一生さん

橋詰 一生さん
長野県

過ぎ去りし日は、なんとか、と誰もそんなことを言ってないかもしれませんが、あっという間の1ヶ月。
僕は、大阪から長野に移住し、たくさんある空き家から選び放題だと思ってきてみたら、意外といろんな理由で、スムースに住みたいところに住めず。なんとか解決したいと、かなり自分都合で参加したこのプログラム。実際参加してみると、基本OJTということもあり、現場の生の声や業界状況など、まず普通では体験、学ぶことはできない内容でした。それは不動産、建築分野のど素人としては、かなりレベルが高いように感じましたが、一方で同じプログラムを受ける仲間がいたことやフォロー担当の方がいたおかげで、なんとかやり切ることができました。毎朝、散歩した鎌倉海岸が懐かしく感じますが、目下長野で空き家改装中です。

家崎 耕平さん

家崎 耕平さん
鳥取県

キーワードは仲間!「仲間がいれば何でもできる」逆もまた真なり。
つまり、何でもできるには、仲間がいる!このプロジェクトの骨子は、その方法。
細やかな不動産知識も、場の運営も、とても重要な最低限のポイントは抑えました。けれど、学びの中心は仲間を集め、継続的に空き家再生のサイクルの作り方。鳥取の小さな町で、ゴミ屋敷をほぼ独りで2年かけて簡易宿所に昇華させた身として、システム的な仲間づくりを学べるとてもありがた嬉しいプロジェクトでした。

体験談

2018年9月から1ヶ月間、このプログラムを体験された元・福島県西会津町の地域おこし協力隊の荒海さんの体験例をご紹介します。

荒海 正人

荒海 正人西会津町生まれ(27歳)
かつては東京に憧れ大学へ
西会津地域おこし協力隊

STEP.1
STEP.1
不動産営業部の取材に同行し、物件視察の際の色々な観点や、魅力的な写真の撮影方法、紹介記事の書き方などを学びました。
STEP.2
STEP.2
設計部では空き家のリノベーションにおける設計士の重要性を知り、設計士の巻き込み方を学びました。
STEP.3
STEP.3
カフェやホステルの実店舗では接客やリネン交換を学び、運営を体験しました。
STEP.4
STEP.4
システム開発部では、Webプログラマーやデザイナーに「WordPress」をはじめとするツールの操作を学びました。
STEP.5
STEP.5
プログラム期間を通して、事業企画部がメンターとなり「マイプロジェクト」の具体的な進め方について検討しました。
イベント「空き家再生で食べていく!」

イベント「空き家再生で食べていく!」

2018年9月27日に集大成として行ったイベントは「空き家再生で食べていく!」と題し、全国から約40名のお客様を集めて実施しました。自身の空き家再生で生計を立てていく覚悟と現在構想中の地域の空き家蒲生館の再生プラン、「アラウミ不動産」の開業計画などを発表しました。

荒海さんのマイプロジェクト「蒲生館」

荒海さんのマイプロジェクト「蒲生館」

西会津町野沢にある旧老舗旅館「蒲生館」のリノベーション計画を進めています。 町の中心部に位置し、多くの方に認知されている物件でもあります。 物件の前には「蒲生館前」というバス停も設置されています。今年11月には蒲生館の玄関とキッチンをリノベーションしてバスの停留所を設置。ギャラリースペースやお茶を飲むテーブルなどを設置し地域住民が集えるスペースとなりました。 今後の展望としては、町内外の方が利用することができる会員制の公民館をつくりたいと考えています。1階の居間や和室はワークショップやイベント、まちなかで仕事ができるコワーキンススペースとし、2階は3つの個室が並んでいることから、シェアオフィスやアトリエ、休憩所スペースなど個人のやりたいことに寄り添う空間にしていきたいと考えています。複合的な利用により多様な方達が蒲生館に集うことで価値観やコトが生まれる機会を創造できる場になると考えています。また、アクセスしやすい立地であることから町の窓口機能として町内の各拠点と連携することができると考えています。

蒲生館について詳しくはこちら

step

体験談 - 荒海正人さんの場合

<プログラムに参加した目的は?>

出身地である西会津町には、不動産事業者がいない為に特に空き家の流通がない状況が長年続いてきました。「アラウミ不動産」を立ち上げることにより、各集落による空き家利活用事業の立ち上げを計画しています。空き家の流通をきっかけに空き家問題が地域にとってジブンゴト化され、新しい価値や人材が入り込めるスペースが生まれることにつながればいいと考えています。

<プログラムに参加して得られたこと>

私は不動産業に携わったこともなく、知識も経験も全くありませんでした。そのため物件調査や情報発信のポイント、契約で必要な書類作成など不動産業に必要なノウハウを実際の業務に付き添わせて教えていただきました。事業現場を見ることにより、実際の流れなどの全体像を正確につかむことができました。

また、エンジョイワークスは“まちづくり”からはじまる事業づくりとして不動産事業のみならず、カフェやゲストハウス、クラウドファンディングサイトの運営、コワーキングスペースの運営、イベント企画など複数事業の展開をされています。私自身、西会津町において農業体験ができる農家民宿や自治体の移住事業など複数の事業を掛け持つことから、それぞれの事業が関連付けられ相乗効果を生んでいる姿を見てとても勉強になりました。

company & services運営会社と関連サービス

株式会社エンジョイワークス

株式会社エンジョイワークス

鎌倉発のまちづくり会社。 行政や事業者任せにしない「まちづくりや家づくりのジブンゴト化」による豊かなライフスタイル実現をテーマに不動産及び建築分野において事業展開を行う。

株式会社グッドネイバーズ

株式会社グッドネイバーズ

エンジョイワークスの子会社で主に場の運営・コンサルティングを手がける。

ハロー!RENOVATION

ハロー!RENOVATION

空き家・遊休不動産(モノ)と利活用したい人(ヒト)をつなぎ、みんなが想いのあるお金(カネ)を中心にサポートする、まちづくり参加型クラウドファンディングサービス。


TOP