稲村行真

古民家冒険家

PROFESSIONAL

PROFILE

1994年島根生まれ、古民家冒険家。学生時代に、100軒以上の日本の伝統的な古民家を訪れ取材して、卒業論文にまとめた。卒論のテーマは「古民家の価値について」。東京から石川までの約450kmを2週間かけて徒歩で移動し、道中30軒以上の古民家を取材した「古民家冒険project」で、NHKテレビ「おはよう日本」等のメディアに取り上げていただく。
2017年4月から、東京都日野市の築150年の古民家を活用して、「子どもを核として地域がつながる」をコンセプトとしたシェアハウスとイベントスペースを企画・運営している。この活動により、交流ある暮らしの場をデザインしている。同様の理念のもとで、現在石川県や新潟県など地方でも、行政や民間と連携しながら、古民家及び空き家を活用してコミュニティをデザインする企画提案を行なっている。

MESSAGE

遊休不動産を活用して、その地域の人々やコミュニティにとって必要な場をデザインするお手伝いをさせていただきたいです。具体的には、遊休不動産活用のプロジェクトリーダーや、コンセプト設計時のコーディネーター、イベント企画・運営、などで関わらせていただけたら幸いです。よろしくお願い致します。
BACK TO INDEX
ハロー!したユーザー
無料登録
ALL RENOVATIONS PROFESSIONAL TOPICS
NEWS FACEBOOK プロフェッショナルの方へ 空き家・遊休不動産オーナーの方へ サイトの使い方 お問い合わせ Privacy Policy 利用規約 特定商取引法に基づく表記 ガイドライン