堀哲郎

まちづくりビジネスの創り手

PROFESSIONAL

PROFILE

元税理士として10年弱の経験(うち開業税理士としての経験は約6年)があり、ベンチャー支援、相続、事業承継コンサルに関わってきました。開業税理士としては、20代で顧客ゼロからスタートし、広告費ゼロで4年ほどで個人事業主として年商4,000万を達成できました。

ただ、従来より士業などのビジネス専門家は「日本が抱える社会課題に対し直接改善できる仕事をすべき」と考えていたため税理士業を廃業し、同時に平成28年6月に遊休不動産の有効活用の実践支援、サッカービジネスの経営支援をする「らしく株式会社」を新たに創業しました。

らしく㈱では、あらゆる遊休不動産(空き地、空き家、空き店舗、農地、森林など)の有効活用をする際の、社会課題改善型ビジネスの構築と、それに伴うファイナンス設計を支援しています。

①具体的な取り組み
以下のような実績があります。

・埼玉県さいたま市との公民連携事業
・障がい者サッカー(CPサッカー)協会の経営支援
・長野県立科町の空き家活用案件
・埼玉県さいたま市浦和区の古民家有効活用案件
・さいたま市内のサテライトオフィス創設案件
・その他、遊休農地や遊休森林の活用案件など

②メディア掲載、イベント開催など
・メディア掲載
月刊コロンブス12月号、遊休不動産(負動産)特集の巻頭部分に「遊休不動産の活用事例」の1つとして掲載。
詳しくは、らしくWEBサイト(http://ra-shi-ku.co.jp/)の「お知らせ」をご参照下さい。

・イベント開催
元空き家である自社オフィスでの「らしくのしゃべり場」
多様なメンバーで構成する「対話の会」セミナーの実施等

MESSAGE

みなさん、はじめまして!
この度、ハロー!RENOVATIONのプロフェッショナル登録をさせて頂きました、らしく㈱の堀と申します。

日本のまちづくりビジネスの現場では、面白いアイデアが出て構想段階まで進んでも、具体的な事業化段階であらゆる課題に直面し、頓挫してしまう事が多いと感じます。

その中でも、一番の課題と感じているのが「新しいビジネスの構築とファイナンス(お金周り)の設計」です。

まちづくりビジネスは単純に儲けるだけでなく、その地域ごとの社会課題を改善しつつ収益性も十分に確保する事が求められます。

また、そのビジネスに照らした最適なファイナンス設計は専門知識や経験が求められる事も多く、なかなかプレーヤーご自身が詳細まで設計する事は難しいと思います。

弊社は、空き地、空き家、遊休農地、遊休森林などを活用して社会課題改善型のビジネスを構築し、それに伴うファイナンス全般の設計をする部分を強みにしています。

そのため、今の日本のまちづくりの最も課題となっている部分にダイレクトにお応えできると考えています。

元税理士、ファイナンスなどと堅苦しい言葉が多くて恐縮ですが、まずはお気軽にご相談頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします!
BACK TO INDEX
ハロー!したユーザー
無料登録
ALL RENOVATIONS PROFESSIONAL TOPICS
NEWS FACEBOOK プロフェッショナルの方へ 空き家・遊休不動産オーナーの方へ サイトの使い方 お問い合わせ Privacy Policy 利用規約 特定商取引法に基づく表記 ガイドライン