ハロー!RENOVATION

まちづくり参加型クラウドファンディング

鎌倉市有"旧村上邸"

旧村上邸再生利活用ファンド【投資型】

第3回イベント開催報告

3月2日。鎌倉市・松尾崇市長と日本大学清水千弘教授をゲストにお招きしての第3回、当日気がつけば空席が見当たらないほどの方に来ていただき、今回も感謝でございます。 最初に鎌倉市のSDGsの取り組みに始まり、清水先生のお話、そして松尾市長と清水先生のトークセッションという流れでした。 清水先生のお話はたくさんの示唆に富んでいて、運営側の我々も思わず「へえ〜」と声に出して納得してしまうほど。世界と鎌倉市という大きなスケールと小さなスケールを行ったり来たりする話は、世界の中で、日本はどこにいるのか、日本の中で鎌倉市はどこにいるのか、そういった関係性のなかでわたしたちはどうしていったらいいのか、旧村上邸はどのような「場」に育てていったらいいのか、様々な可能性を提示いただくものでした。 ・どんなまちが生き残るのか→がんばっているまちである ・どんなまちが生き残るのか→アメニティが充実しているまち ・アメニティが充実しているまちとは、消費をする機会が多いまちとも言い換えられる ・たとえば、その機会は自然環境であったり、文化であったりする ・どういうところにアメニティが集積しているかというと、それは圧倒的に都心である ・しかし、鎌倉の特異点とすれば、アメニティの種類が多い点である ・たとえば日暮里にまちごとホテルというものがある。それは、一つの場所で全部を賄おうとすれば、準備は大変だが、まちには銭湯もあれば、食堂もある。一個一個が強い鎌倉だからこそ、つながせる仕組みをつくれれば大きく変わるのではないか ・これまで一次産業、二次産業、三次産業と変化していく中で職住のあり方も変容してきている。四次産業には分散型が適するはずであり、鎌倉は次の時代を見据えて取り組んでいくとよい といったお話が大変印象に残りました。 市長からもどうしたらオープンイノベーションをおこせる場所に旧村上邸を育てていけるかなどのお話をいただき、大変有意義な会となりました。

もっとみる

第2回イベント開催報告

旧村上邸イベント第二弾!『プロジェクト参加のカタチ ーDIYからクラウドファンディングまでー』 2月23日、旧村上邸アップデートプロジェクトの第2回イベントを開催いたしました! 前回は雪が降る鎌倉宮という幻想的な雰囲気での開催だったのですが、今回は澄み渡る快晴!! しかも、会場から鎌倉が一望できる絶好のロケーションでの開催となりました! 今回は参加のカタチがテーマというのもあり、質問やワークショップでも意見交換が活発に行われ、大いに盛り上がりました! 全ては紹介しきれませんが、今回も素晴らしいアイデアがたくさん出てきたので、開催報告を兼ねてご紹介させていただきます! 【アイデアワークショップ】 今回はみなさまがプロジェクトへ参加したいカタチでSNS、DIY、クラウドファンディングの3チームに分かれ、アイデアを出していきました。 ●SNS:SNSで映える旧村上邸を考えよう! ・TIKTOKで動画配信 ・番犬を飼いキャラクターとしてプロデュース ・小説家・未来の文豪育成をストーリーとして発信 ・和服の着付け ・醤油の発酵過程の経過配信   ●DIY:旧村上邸に関するもので何が作りたいか考えよう! ・お昼寝枕・ふとん(研修後にリフレッシュ) ・障子の張替え(子供が穴開けてもいい) ・座布団に代わるバランスチェアの開発 ・みんなが家主気分で、建物の修繕計画を立て、自分たちで修繕 ・研修用机・椅子を手作り(デザインコンペで決定) ●クラウドファンディング:クラウドファンディングのリターンについて考えよう! ・マインドフルネスワークショップ(内省研修)参加権 ・企業研修を見学できる権 ・市役所ファストチケット ・能舞台での鎌倉有名人トークショー参加権・能講座+観覧会 ・お茶・能などの文化体験 更に、アイデアが他のチームのアイデアと繋がっていき、新たなアイデアがどんどん生み出されていきました。 例えば、醤油や味噌を仕込み、その発酵過程をSNSで発信するというアイデアがあったのですが、DIYで木桶作っても良いよね!クラウドファンディングのリターンとしてその味噌を配っても良いよね!とアイデアが膨らんでいきました! 前回に引き続き、皆様のアイデアが具現化してきワクワクが止まらない会となりました。 皆様の旧村上邸をより良い形で持続させていきたいという気持ちがこの会を無事に成功へ導いてくれたと感じています。

もっとみる

第1回イベント開催報告

2月9日、旧村上邸キックオフイベントを開催いたしました! この日はあいにくの空模様だったにも関わらず、会場は満員。しんしんと雪がふる窓の外に反して、熱気でガラスが曇るほど。 それだけ皆さんが地域のたいせつな風景となっている建物に関心があり、かつ、旧村上邸のような貴重な空間の今後にとても期待して頂いているということを実感できる会でもありました。 旧村上邸の良さでもある、伝統的な和風建築だからこその凛とした佇まいや窓を開けた際の庭園とのシームレスな奥行き、そして閑静な住宅街にあるという立地的な特性。キックオフイベントにも関わらず、そういった旧村上邸の特徴に即したとても素晴らしいアイディアが出たので、開催報告を兼ねていくつかご紹介させて頂きます。 【テーマ1】 鎌倉だからこそできる企業研修の先生を探そう! →皆さんに「○○さん」、「○○を教えてくれる先生」と言った具合で、鎌倉だからこそできる研修の案をあげて頂きました!当日は、以下のアイディアに紐づく具体的なお名前もいただいたのですが、ここでは研修テーマの部分をご紹介します。 (アイディア) ・鎌倉彫り、木彫、仏教彫刻 ・湘南風景写真・写真 ・鎌倉の歴史を知る・歴史 ・禅・ヨガ・ヨガ講師養成 ・絵画の指導、水墨画、ふすま絵、日本画 ・草木染・染色織 ・サイレントフェス ・庭師 ・パタゴニア、環境講座 ・鎌倉山歩き ・食のコワーキングラボ ・金継ぎ ・包丁研ぎ講座 ・古民家の手入れの仕方 ・能の出張ゼミ(能・舞・武楽) ・庭でたしなむワインソムリエ ・お茶会 ここでは、例えば午前中に鎌倉の海でアクティビティをしたあと午後は環境に関する座学を旧村上邸で行う、鎌倉のお寺とアートのコラボした禅講座など、上手に鎌倉の立地特性も踏まえたたくさんのアイディアを頂きました! 【テーマ2】 旧村上邸でどんなことがしたいだろう? →これについては面白いことに、テーマ1で様々な「鎌倉の中の先生」を探すうちに、「自分もそれがあったら体験してみたい!」といったように盛り上がり、最終的にはテーマ1と組み合わせた形で発表をしてもらいました。 たとえば、自分が住んでる街の大好きな景色や美味しいお店、ちょっといい場所なんかがあると自分の友達や、その街の外の人にも教えてあげたくなっちゃいますよね。 テーマ1と2が最後に融合されたのは、皆さんが自分が好きな街で暮らしていて、その暮らしの中ですきだな〜と思っていることを他のひとにも知ってもらいたいな、と思ったというのもあるような気がしています。 皆さんの生活に根付いた生の声がたくさん聞けた、素晴らしい会でした!

もっとみる
詳しい情報・申し込みはこちら