まちづくり参加型クラウドファンディング

松本和泉町伍蔵 再生ファンド

古いけどいいものを伝えていく、蔵のダイナー Oldies b Goodies

応援メッセージ第1弾!

プロジェクトメイン画像

現在「Oldies b Goodies」では応援メッセージを募集中!お寄せいただいたみなさんの応援メッセージをご紹介します!ぜひ皆さんの応援メッセージもお待ちしております!

▼応援メッセージはこちらからご記入ください。
https://ewform.enjoyworks.jp/index.php?id=136

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【みんなの応援メッセージ】
▼No.1 マサヲ@みちびと
あちこちの街道沿いを旅していますが、道や建物には「記憶」があると思います。そして、その記憶をとどめるために、古い道や建物が人を手繰り寄せるということがあるのではないか、と感じることがしばしばあります。僕もこのファンドのことは聞き知っていましたが、ある程度の方角と「旧街道沿い」という情報を頼りに、ぶらぶら歩いていたら、いつのまにか手繰り寄せられるように、和泉町伍蔵の前に立っていました。藤原さんは、和泉町伍蔵に呼ばれた人なんだと思います。その記憶をとどめるために選ばれた人であるからには、きっとこのプロジェクト、成功間違いなし!と思っています。応援します!!

▼No.2 tmzmz
先日ObGに家族で伺いました!東京から日帰りの弾丸ツアーでしたが、娘たちも「うますぎるので、また松本いく」と言ってます。雰囲気もよくて、藤原さんが目指すこのようなお店を増やすプロジェクトに参加したく出資しました。体を大事に頑張ってください!!!また行きますー

▼No.3 よこはまのパパ
いつもインスタやFacebook見てます!
とても美味しそうで、家の近くにもお店があってくれたらと思っています。。。
お店を作っている時の様子から見てます。ただ地元愛に溢れる美味しい料理を作るだけでなく、地元の歴史ある建物を自分でリノベーションして、素敵に活用されている姿に感動しました。
また自分のことだけでなく、自分の経験を生かしてくれるこれからの人のことも考え、新しいことにも挑戦されているとのこと、頭が下がります。
これからも体に気をつけて頑張ってください。

▼No.4 OJ
まだ訪ねたことはないですが、写真からでも伝わる素晴らしい空間に心惹かれています。
運営に参加することができる参加型クラウドファンディングという仕組みを通して、ぜひ運営のノウハウを勉強したいです!
いつか必ずハンバーガーを食べにいきます!

▼No.5 しんたろう
私の両親の故郷は、松本と同じく城下町。城下町って古くからの文化が根付き、なんか独特の空気感を漂わせているんですよね。夏休みに行く度に、その何とも言えない雰囲気に心地良さを感じていました。やはり同じく、蔵のある街です。母方の旧家にも蔵があったのですが、時代の波の中で、今はありません。こうやって少しずつ文化がなくなって行く事は、なんか寂しいですよね。
私も同じく、個人店を営んでおります。OBGさんと一緒で、ごくごく小さな、こじんまりとしたお店。小さいお店だと、横のつながりが欲しくなっちゃうんですよね。同じです。それが互いに良い影響を与え合えたら、何かが生まれて行きそうです。 古いものを残したい。周囲と共に作りたい。そんなお気持ちに共感します。応援しております。

▼No.6 なめこさん
松本に旅行に行ったときに松本城に向かいながら、いろんなお店を訪れ地域の人やおもしろい文化に触れられたことが印象的でした。 1度行っただけなのに、好きになってしまいました。OBGは、松本城から徒歩15分ほどと聞いてこれはいいかもって思いました。 投資すると、限定イベントに参加できるだけでなく、一日ダイナー店主券とか学びの要素もありつつ、場の成長に参加できることで、旅行先から知り合いがいる場所になっていくと考えると楽しそうですね。ぜひ参加したいです!

▼No.7 にぎやかし親父
コンバッチ!!応援しております!武家の古都:鎌倉より愛をこめて。

▼No.8 わいぎゅう
「古いけどいいものを伝えていくダイナー」というコピーがとても深く印象に残っています。 ただ古いだけじゃない。古いけどいいもの!古道具屋さんに売っているものとかもそうですよね。 掘り出し物を見つけると、古いけどいいものがあったりする。この言葉を聞いて、そんな感じを思い浮かべました。 まだ伺ったことはないですが、松本のランドマーク的存在になることを祈りながら、応援しています!

▼No.9 安 さん
ドラマや映画でしか見ることのできない「江戸時代」が、たしかに日本に存在していた。古民家の築年数や歴史を知ると、この国の歴史の長さや、そこに暮らしてきた人々の生きざまを意識して、ハッとします。そして、壊され捨てられずに〝生きた〟古民家があるということは、そのまちに、愛がある人たちが暮らしている証拠。松本は素敵なまちですね!応援しています。

▼No.10 meek さん
昨年、松本に伺った際、360°見えるアルプスの山々の景色にとても感動しました。 歴史ある街ですが、個人ではじめられている新しいお店も増えていて、新旧入り混じるとても魅力的な街だな〜と思っています! 美味しそうなハンバーガー、いつかぜったい食べに行きます!!!

▼No.11 es さん
空家と高齢者が確実に増えていく中で、古いものを再生利用して、世代を超えて集える「ハブ」となる場所が確実に必要になって来ると思います。その1つの象徴的な場所として、その後の続く世代の事例となることを願います。


▼No.12 まーる◉ さん
『古くていいものを丁寧に伝えるダイナー』、写真をひと目見ただけでその想いが伝わってきました。 「古き良きもの」に触れるとノスタルジックな雰囲気に浸るだけで終わってしまいそうですが、そこで終わらせずに更に伝えて次世代にまで繋げるのは、なかなか一筋縄では行かないこともあると思います。それでも、今こうしてダイナーがオープンして常連のお客さんまでいらっしゃるのは、一重にファンドに携わっている皆さんの力があって為せることなのでしょう。 私も足を運んでみたいです。これからダイナーが益々素敵になるよう、応援しております!

▼No.13 きむきむ さん
『新たな町のシンボルとして、新たなカルチャーが作られていくストーリーがとても面白いと感じています。 松本に行った際には、是非とも遊びに行かせていただきます!!

▼No.14 小林ピコ太郎 さん
「小さくても強い店をつくっていく」 このキャッチコピーに凄く共感しました。 インスタを拝見すると、オープンしてまだ数か月なのに既に多くの方に愛されているお店なんだなぁと感じます。 地方の古着屋で働いていた経験があるのですが、中には閉店してしまった店舗もあって、 ObGさんの今回のプロジェクトには、地元の人にどうしたら長く愛され、お店が残っていけるのか。 そのヒントが沢山詰まっている気がしています。 応援してます!長野行く機会があったら寄らせていただきます!

▼No.15 まりお さん
素晴らしい。レトロとモダンの融合って好きです。 私もいつか店舗を持ちたいと思っています。 そこには80~90年代の洋楽と映像が流れていて少し落ち着いた雰囲気。 当時を懐かしみながらお酒を飲むピッタリ世代の大人がいて、一方では平成世代のお客様も同じ空間にいる。 多世代のコミュニケーションが生まれ、昔の物からかっこよさや何かしらを感じてもらい、そこから新たな「かっこいい」が創出される。 その流れが今までの世の中の「流行り」のサイクルだと思います。 「小さくても強い店」その土地に根付いた店。そこから何かが発信される、生まれる店。 土地は違えど同じベクトル。応援してます。松本に行ったら是非お伺いさせて頂きたいと思います。藤原さんガンバレ!!

▼No.16 Zゼット さん
築年数150年。毎分、進化したものが生まれていく世の中で、何にかえても手に入れられないものは過去。150年の歴史ある佇まいの中で共に、新しいことを始めるこの取り組み。まちも一人のひとがここに住もうと思ったことが始まりなら、ここで何かをやりたいと思ったことが、つながりつくりつたえることの始まり。その面白さが伝わります様に! 応援してます、ObGプロジェクト!!

▼No.17 下諏訪のCafe Tacファンさん
「小さくても強い店」の集まりがまちを作っていくんだなーと実感しています。 ハンバーガー是非食べてみたいです!! 応援しています!!

▼No.18 佐藤さん
ハンバーガー画像、いつも食べてーー!と羨ましく見ています! いつか絶対いくぞ、松本! OBG、応援してます!

▼No.19 ひらかわさん
「古いけどいいもの」を新しい仕組み「参加型クラウドファンディング 」で支えていく! 面白いですね!応援しています、ObG!!

▼No.20 マッキーORGさん
いつもFaceBookで美味しそうなハンバーガーの投稿見ています。 実家が長野で友達が松本におりますので、帰省時や遊びに行った際にぜひ行きたいです。 ファンドも投資して、是非松本のまちづくりにも参加したいです!! 趣のある松本の街並みも楽しみです。

▼No.21 ほさかさん
このプロジェクトを通して松本に行ってみたくなりました!! 歴史ある建物の中で美味しいハンバーガーが食べられるなんてすごく楽しそうです。 クラウドファンディング、応援しています!!

▼No.22 じゃんぐるさん
古い蔵にダイナーの組み合わせ、すごく魅力的です。 ダイナーと聞くと小説の「DINER」を思い出します。あれはかなりダークですが、人の繋がりがポイントなのは一緒。 いつかハンバーガー食べに行きたい!

▼No.23 omさん
ハンバーガーも松本も大好きなので、最強の組み合わせです!鎌倉に住んでいるので頻繁には行けませんが、応援しています!絶対に食べに行きます!

▼No.24 nonyさん
インスタのファンです!!ハンバーガー食べたい!

▼No.25 ノブノブリサコさん
ハンバーガー大好きなので、11月に上田へリンゴ狩りへ行く際は立ち寄りたいなと計画中です。 楽しみでーす。

▼No.26 niniさん
私はハンバーガーが大好きです。 ドンドン足していく事が出来るが、足し過ぎると味がまとまらなくなり、台無しになる。 適度なボリューム感とそれをまとめるソースが一番の決め手ですね! 日々の憩いの場になりうるダイナーという業態を、まちの古い蔵で営業されるのは非常にかっこいいですね! 松本は父がよく仕事に行っていた事ぐらいしか繋がりがありませんが。 この様な場所の出現により興味が出ています。 ハンバーガーを食べにまちに遊びに行くっていうのも良いですね!!

▼No.27 kwtnbさん
「小さくても強い店」が、いま求められていると感じます。魅力のあるまちはそういったお店が沢山あると思うので、松本もいつか訪れてみたい場所のひとつです!クラフトフェアの季節に行けたらなぁ~・・そのときお邪魔できるのを楽しみにしています。

▼No.27 tmoさん
まちの魅力はいろんな種類の「小さくても強い店」が歩ける距離感で集まっていることだと私も思っています!!そしておいしい料理が食べられるお店はかなり魅力的!ObGのハンバーガーとVERTEREさんのIPAを一緒にいただきたい!!ObG応援しています!!!!

▼No.28 四迷さん
立派な外観の蔵に、何人もの方から活用申込があっても断っていた所有者さんが、たまたま通りかかった藤原さんの想いに共感して賃貸に同意してくれたという話がいいなと思います。 ご自身の得意分野(美味しそうなハンバーガー!)で地元を盛り上げる藤原さん、応援しています。

▼No.29 カピバラさん
Bのハンバーガーの写真みて、いつか行きたいと思ってます!内装も素敵ですね。松本も好きな場所のひとつなのでこれからも応援してます!

▼No.30 ぺーこさん
ハンバーガーいつも美味しそうだな、とお写真見ています。お店も素敵で、暖かい雰囲気が伝わってきます!松本行ったら絶対行きます!遠くからですが、応援してます。

▼No.31 kumiiさん
街のアイデンティティーがしっかりあって、行くたびにいい新陳代謝を繰り返している、松本、大好きな街です! 夏からのDIYの様子、いつもわくわくしながら見させていただいておりました。 地元への思い、建物への愛がたっぷり詰まったお店、次回松本に行った際には必ず行きます! こだわりのハンバーガーと美味しいコーヒーを楽しみにしています。 応援しています、OGB!

▼No.32 さん
一時期長野に住んでいて松本にはお世話になりました。その時は、なかなか松本の人とコミュニティを作れなかったのでそこも含めてハンバーガー食べに行きます!応援してます!