まちづくり参加型クラウドファンディング

葉山の”空き蔵”

泊まれる蔵プロジェクト【投資型】

FAQ

Q.このファンドは、どういうものですか?
→事業に必要な資金について出資者の方から調達を行います。出資者の方は、投資した事業の収益の一部を分配金として受け取り、出資金の返還も受けます。また、投資家特典も提供させて頂きます。

Q.投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか?
→個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、プロジェクト概要ページをご覧ください。

Q.利益の分配に際し、税金はどうなりますか?
→出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。

Q.途中解約はできますか?
→やむを得ない事由が存在する場合に限り、営業者に対して書面によって通知することにより匿名組合契約を解除することができます。

Q.元本は保証されていますか?
→本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。

Q.他人に譲渡することはできますか?
→営業者の事前の書面又は電磁的方法による承諾がある場合に限り、匿名組合契約上の地位を譲渡することができます。

Q.実質的支配者とはなんですか?
→実質的支配者とは、法人のお客さまの事業活動に支配的な影響力を有すると認められる個人の方のことを言います。当該個人の方の氏名・住居・生年月日等を確認させていただきます。

50%を超える議決権を保有する個人(資本多数決法人の場合)、あるいは50%を超える収益総額の配当・分配を受ける権利を保有する個人(資本多数決法人以外の法人)の方がいる場合は、その個人の方で確定します。
上記に該当する個人の方がいない場合には、以下の方が実質的支配者に該当することととなります

【法人形態が資本多数決法人である場合】
株式会社、有限会社、投資法人、特定目的会社等の場合

① 25%超の議決権を直接又は間接に保有している個人の方がいる場合には、当該個人の方
② 上記①に該当する方がいない場合で、 出資・融資・取引その他の関係を通じて法人の事業活動に支配的な影響力を有すると認められる個人の方がいる場合には、当該個人の方
③ 上記①②のいずれも該当する方がいない場合には、法人を代表し業務を執行する個人の方

【法人形態が資本多数決法人以外である場合】
合名会社、合資会社、合同会社、一般社団・財団法人、学校法人、宗教法人、 医療法人、社会福祉法人 等の場合

① 法人の収益総額の25%を超える配当・分配を受ける権利を有する個人の方がいる場合、または出資、融資、取引その他の関係を通じて法人の事業活動に支配的な影響力を有すると認められる個人の方がいる場合には、当該個人の方
② 上記のいずれも該当する方がいない場合には、法人を代表し業務を遂行する個人の方

ファンドの申し込みは終了しました。