ハロー! RENOVATION

日本遺産で地域活性化を。厳かな大山詣りをみんなで体験して考えた

古くから祈りを捧げてきた信仰の地であり、神奈川県有数の行楽地でもある「大山」の活性化を目指す「大山これから会議」。12月3日には今年度2回目となるイベント「江戸の伝統を令和に繋ぐ~みんなで体験し考える令和版大山詣り~」を開催しました!

 

1. いざ、大山詣りへ!

江戸の人口が100万人程度であったころ、年間でおおよそ20万人が大山を訪れたといわれています。割合にして5人に1人。令和の今も多くの人を魅了する大山ですが、これほど人々を惹きつける理由は何でしょうか。私たちもまだ気づいていない、さらなる可能性を秘めているのかもしれません。そんな期待を胸に、今回は実際に大山詣りを体験しました!

出発前に行うのが先導師(宿坊または宿坊の主人を指し、参詣者を大山阿夫利神社まで導く神職)によるお祓いです。参拝者をお迎えする宿泊施設・宿坊には、実は阿夫利神社をお祀りした立派な神殿があります。正式な参拝着である行衣を身にまとい、山荘だいとうの歴史深い神殿にて参加者全員でお祓いを受けます。

お祓いと口上が終われば、いよいよ出発! 納め太刀(奉納を目的とした木太刀)を担ぎ、大山阿夫利神社へ向かいます。

初めての納め太刀に「担いで登れるかな……」とみなさんちょっと不安気味な様子でしたが、先導師の大藤さんから大山詣りの歴史を伺えば、もう気持ちは江戸っ子、準備万端で出発します。

ところどころに玉垣があり、大山の歴史を感じられる道中。立ち並ぶ宿坊やお土産店の活気を感じることができました。そんな中、私たちとすれ違う観光客からは「あれは行衣だよ!」「納め太刀初めてみた!」といった声も聞こえてきました。

しばらく歩き、大山ケーブル駅に到着。目的地である阿夫利神社駅までは大山ケーブルカーに乗っておよそ6分で到着します。

2016年度にグッドデザイン賞に選ばれた新型大山ケーブルカー。大型ガラスから開放感ある眺望が楽しめます

あっという間に、阿夫利神社駅に到着。阿夫利神社下社まではこの坂を登れば到着します。もう一踏ん張り!

見えてきました! ここが、江戸から続く大山詣りの目的地の一つ、「阿夫利神社下社」です。今年も残すところあと少しですが、みなさん思い思いにお詣りを行っています。

スタートした時はまだまだ肌寒く感じていたものの、ここまで来ると汗だく……いい運動です!(間もなく汗冷えしました)

粋な江戸っ子が盛んに訪れた大山ですが、令和の今もこうしてお詣りに訪れる方が途絶えません。都心からのアクセスも良好で、プチ旅行気分も味わえる大山にも、まだまだ私たちが気づいていない魅力が秘められているのかもしれません。

2. 映える行衣を作る? 江戸から令和に続く「大山詣り」のこれから

お詣りから戻ったあとは、今回のイベントのもう一つの目的でもあるディスカッションタイム「令和版大山詣りを考えよう」に入ります。

「大学院生の研究テーマとして」「歴史好きとして」「職業柄」など、さまざまなきっかけから、このイベントに参加いただきました。一人一人バックグラウンドの異なるみなさんから出てくる‟これからの大山詣り”は多様性に富んだ内容。一部ご紹介します。

  • 「先導師が阿夫利神社まで案内してくれるツアー的な企画」
  • 「建築学生のための大山講をつくってみたい」
  • 「日本酒好きによる、日本酒講をつくって朝まで楽しみたい」
  • 「カラフルな行衣で、写真映えさせたい」
  • 「先導師のための、先導師だけの講をつくり、真剣に大山を語る」

など、前回のオンラインイベントで出た意見も、今回の実体験をもとにさらに深掘りすることができたほか、これまでにないアイデアも蓄積することができました!

3. 新年初イベントは1月13日(金)と1月28日(土)に開催

今回のイベントに続き、新年1回目のイベントも、引き続き宿坊でのお祓いや大山阿夫利神社下社でのお詣りなど伝統的な「大山詣り」の一部を体験したあと、かすみ荘(宿坊)にて令和版の大山詣りを考える会議を行います!

詳細・申し込み方法はイベントページをご覧ください。
https://helloaini.com/travels/41444

大山これから会議とは

全ての道は大山(おおやま)に通ず。江戸の人口が100万人だった江戸時代中期、毎年20万もの人々が訪れた大山。日本人が数千年祈りを捧げてき信仰の地であり、行楽の山です。令和の今も多くの方々を惹きつける大山ですが、観光地としてさらなる可能性を秘めていると考えています。大山に関心を持っていただいた皆さんとワークショップ等を通じ、観光エリアとしての課題解決、魅力向上、活性化を図っていきます。無料のメンバー登録をしていただいた方には、大山これから会議の最新情報や、アンケートでご回答いただいた内容に沿ったご案内をお届けします。ウェブサイトよりお申し込みください。
ウェブサイト Facebook Twitter

人気の記事

行政・自治体職員向け「地方自治体へのまちづくり支援」事例共有オンラインセミナー
オススメのイベント

行政・自治体職員向け「地方自治体へのまちづくり支援」事例共有オンラインセミナー

2023-06-16 開催

オンライン(Zoom)