大山これから会議

全ての道は大山(おおやま)に通ず。江戸の人口が100万人だった江戸時代中期、毎年20万もの人々が訪れた大山。日本人が数千年祈りを捧げてき信仰の地であり、行楽の山です。

令和の今も多くの方々を惹きつける大山ですが、観光地としてさらなる可能性を秘めていると考えています。

大山に関心を持っていただいた皆さんとワークショップ等を通じ、観光エリアとしての課題解決、魅力向上、活性化を図っていきます。

実現していきたいこと

大山のポテンシャル(潜在的可能性)を活かし、

  • 新たな取り組みやアイデアを創出する
  • アイデア実行の担い手となる個人や事業者を探す
  • アイデア実現のためのサポートの仕組みをつくり、担い手やサポーターのコミュニティを形成する
ゴールは大山観光エリアの課題解決、魅力向上、活性化 イゴールは大山観光エリアの課題解決、魅力向上、活性化

イベント

大山ブレンド会議~秋の大山歩き~開催 (11月20日、21日、23日)

今回の企画のコンセプトは「大山ブレンド会議~秋の大山歩き~」です。娯楽や神聖といった元々大山が持つ魅力とこれまでの大山になかったコーヒーやカツサンド、パンなどを掛け合わせ、ブレンドし、紅葉シーズンの大山を楽しんでいただける企画です。大山これから会議メンバー同士のコラボレーション企画等、夏よりもさらにパワーアップしたコンテンツを実施します。

詳細はこちら

自然を楽しむスペシャリスト3人と考える大山 〜山とまちとの関係性〜

夏のモリアゲに向けてご参加のみなさんに大山への理解を深めていただきたいと考え、3名のゲストによるトークイベントを開催。当日は、ゲストのみなさんから、活動内容や大山との繋がり、山との具体的な関わり方などについて、それぞれの視点で見た大山を紹介いただきました!

映像一覧

お参りでもハイキングでも。
信仰と行楽が共存する山

豊かな自然にある、丹沢大山国定公園、大山(おおやま)(標高1252メートル)。大山阿夫利神社への参拝、大山寺への参詣、こま参道でのお食事・お買い物、手つかずの自然の中のハイキングコース。歴史と自然と共に感じていただくことができるエリアです。
新宿から小田急線急行で約60分、伊勢原駅から神奈川中央交通バス「大山ケーブル」行きで約30分。終点「大山ケーブル」下車。

アクセス https://www.odakyu.jp/oyama/access/

旅行者・観光関係者・近隣の皆さんへ

大山の観光活性化に関わりたい皆さんとともにこれからの大山を考えていきたいと思います。「大山これから会議」へのご参加をお待ちしております。

ご参加いただきたい方

  • 大山での新しい過ごし方や楽しみ方を考えてみたいと思っている方
  • 大山に何らかの形で携わり、応援していきたいと思っている方
  • 大山で観光に関わる事業を新たに立ち上げたり、既存の事業を磨き上げたいと思っている方
みんなで参加しよう みんなで参加しよう

大山(おおやま)をさらに
愛される場所に。
ご参加お待ちしています。

イベント参加申し込み

イベントや地域の情報、プロジェクトの最新状況をお知らせします。フォローしてくださいね。

メンバー登録していただいた方には、
大山これから会議の最新情報や
アンケートでご回答いただいた内容に沿ったご案内等をお届けします。

登録&お問い合わせ