ハロー! RENOVATION

投資型京都五條楽園エリア再生ファンド

泊まって食べて働ける、京都のコリビング 運営中

京都五條楽園エリア再生ファンド
応募金額
41,800,000円
募集金額
40,000,000円
募集期間
2019/03/29〜2019/12/22
1口
50,000円
最低投資金額
50,000円
104.5%
想定利回り
(年利・税引き前)
3%
運用期間
5年
残り
終了

本ファンド対象事業の魅力

おもしろい居場所を
みんなでつくろう!
泊まって食べて働く
京都のコリビング!
UNKNOWN KYOTO

もともとゆるくつながりのあった京都と鎌倉の三社が強烈タッグ

はじめまして「UNKNOWN KYOTO(アンノウンキョウト)」プロジェクトチームです。プロジェクトを一緒に進めることになった京都の2社「株式会社八清」「株式会社OND」と、鎌倉の「株式会社エンジョイワークス」。わたしたち3社が発起人となり『共創』的に事業を行います。興味・関心をもっていただいた皆さんと育てていくことができるよう、参加と投資の仕組みを用意しました。ぜひご参加ください。

UNKNOWN KYOTOのファンドに投資いただくことで生じる「参加の魅力」をお伝えします。みんながワクワクで参加することのできるプロジェクトの仲間に加わってください!

Point 1:どんな場所になるの?
泊まって、食べて、働く、コリビング。誰もが使えて“どれでもない”UNKNOWN

コリビング施設「UNKNOWN KYOTO」は「ゲストハウス」と「飲食施設」と「コワーキングスペース」と「シェアオフィス」が合体(!)した施設です。複合的な施設は、重なったその瞬間に“どれでもなくなる”のではないでしょうか。

image

自宅のように暮らしている人もいれば、ふらっとお酒を呑みに立ち寄る人もいる。機能を限定しないことで新たな出会いがある。出会いが化学反応のように生まれると、わたしたちは考えています。

「泊まって、食べて、働く」が重なりあった「コリビング(Co-Living)」という新しい場のかたち。もっともっともっと、多くの人が関われる場をつくっていきます!

Point 2:どんな環境なの?
もうポテンシャルしかない!知られざる京都とお茶屋建築

UNKNOWN KYOTOと名付けた建物や周辺環境には、秘められた、ただならぬポテンシャルが満載!

奇跡の2棟並び

町家のリノベーションは、その建物のサイズ感から「1棟貸し宿泊施設」など、ある程度限定されてしまうことも多い点がネック。今回の物件は大きめサイズの上に、2棟横並び。オーナーさんが私たちの計画をよくご理解いただけたという点でも、奇跡の2棟並びです。

京町家保存から文化継承へ

このエリア独特の建築様式「お茶屋建築」や「カフェー建築」。広い玄関土間はモザイクタイルが張られ、各部屋も和式・洋式では表現しきれない意匠が施された「伝統的な京町家」。地域の深い文化を継承する大切な行為として取り組んでいます。

個性のカフェー建築

このエリアには、レトロな外観の建物が数多く残っています。京町家と言えば「縦格子」の静謐な外観でお馴染みですが、当物件はレンガが使われていたり、珍しいガラスブロックが使われている「カフェー建築」。一度壊したら、もう取り戻せない個性です。

京都駅からも徒歩圏

京都の中心市街地に隣接しています。独特のまち並みが残る貴重なエリアであり、放っておくと無作為な開発が進んでもしまうエリアでもあります。京都駅から歩いて30分もかからない距離。ぶらぶらと寄り道しながらお散歩するあいだに着いてしまいますよ。

奇跡の2棟並び保存と進化のミクスチャー

界隈には「五条モール」「崇仁新町」「京都ビアラボ」「マールカフェ」「サウナの梅湯」などなど。気になるスポットが次々と出現。さらに2023年には、京都駅の東側、本施設の南側に当たるエリアに「京都市立芸術大学」が移転する予定です。今回のプロジェクトとクリエィティブの化学反応にも期待です。

計画地である河原町五条・南東のエリアは鴨川と高瀬川が流れ、迷路のような細い路地が所々にある、京都の中でも古き良い佇まいが残された場所です。

Point 3:どんな人たちとつくり上げるの?
あなたも最強チームと創ろう。町家再生×物件ファン×ハロリノと

町家再生のリーディングカンパニーである「株式会社八清」が、設計事務所の「エキスポ」さんと一緒に、不動産から建築デザインまでのハード部分をメインにガッチリ固めます。さらに、人気不動産メディア「物件ファン」を生み出した「株式会社OND(オンド)」が、運営の中心となり、これまでにない新しいありようを日々練りあげます。そこへ、多くの人を巻き込む参加の仕掛けと資金調達が連動する仕組みとして、エンジョイワークスが「ハロー!RENOVATION」で、プロジェクト全体を包み込みます。

自分たちから言っちゃいます。最強タッグであると。

魅力的なメンバーを紹介 ハロリノSTORIES

Point 4:投資をしたら何が起きる?
投資型ファンドでつながりを拡げよう。UNKNOWN会員ジョッキでカンパイだ!

写真はイメージです。撮影協力:京都ビアラボ

「場所・環境・人」のうち、どれか1つでもワクワクされたなら、ぜひ、ご投資いただき、プロジェクトに加わってください。投資とメリットについてご案内します。

金銭リターンは3.0%/年 *(想定・税引前)。運用期間は5年間

インターネットを介して、小口(当ファンドの場合は1口5万円)から投資参加ができるクラウドファンディングの仕組みを利用しています。本ファンドは「投資型」と呼ばれるものになります。ごく簡単に説明すると、「寄付型」がお金を寄付してリターンは無し、「購入型」がモノやサービスがリターンなのに対して、「投資型」は金銭でのリターンがあります。

本ファンドは、投じた金額に対して、3.0%/年(想定・税引前)が分配金として指定口座に入金されます。例えば100万円を投資いただいた場合、毎年3万円(想定・税引前)が分配金。運用期間は5年間なので、それが5回にわたるとお考えください。5年目は元本も合わせて103万円となります。全てを合計すると115万円となります。

*3.0%/年は現時点での想定であり、将来の運用成果を保証するものではありません。事業の状況により、利益の分配が行われない可能性及び返還される出資金が元本を割る可能性があります。算定の根拠は「ファンド情報」ページからご確認ください。

想定利回り年3%(税引前)の金銭的リターンに加えて、お得な投資家特典と、事業運営者としての参加・疑似体験ができる「ハロー!RENOVATIONクラブ参加権」がついてきます。

特典❶ UNKNOWN会員ジョッキ

2口(10万円)以上

2口(10万円)以上投資いただくと「UNKNOWN会員」になることができます。特製UNKNOWN会員ジョッキは、オリジナルデザインの特注品というだけでなく、なんと通常のジョッキよりもサイズが一回り大きい。つまり同じ値段で大容量!ぜひ会員になって、このジョッキでビールやハイボール、サワーで喉を潤してください。 3つのUNKNOWN会員特典
★1 「UNKNOWN会員ジョッキ」利用権
★2 「宿泊費5%」割引
★3 「オープン前会員限定レセプションパーティ」ご招待

大口会員制度

投資額に応じて、帯同者も会員と同じ特典を受けることができます。
・4口(20万円)以上・・・ご本人+帯同者1名
・6口(30万円)以上・・・ご本人+帯同者2名
・8口(40万円)以上・・・ご本人+帯同者3名
・10口(50万円)以上・・・ご本人+帯同者4名(最大) ※会員権の有効期限は施設オープンから「6ヶ月」になります。ただし、ご来店毎に6ヶ月間が延期されます。

特典❷ 選べる利用チケット

1口(5万円)以上

投資額に応じて、施設利用のチケットが付いてきます。遠方の方は例えば宿泊チケット、京都の方はシェアオフィス利用チケットなどなど、思いのまま、当施設を自由に使いこなしてください。

注記
※1 ご利用有効期間は2020年2月1日~2021年8月末日(18か月)になります。
※2 宿泊チケットのご利用要件は下記になります。
・ご利用曜日:日曜日~木曜日(祝祭日前日を除く)
・年末年始(12月27日~1月4日)、お花見(3月20日~4月15日)、祇園祭宵山(7月14日~7月17日)の期間はご利用対象外となります。
※3 各種オプション利用料金は別途になります。
※4 詳細は運営チームとのご相談事項になります。
※5 現地来訪時のみのお渡しになります。

※施設利用時もしくは予約時のご申告で特典をご利用いただけます。 その他、特典のご利用方法他、詳細につきましては、運用期間中に別途ご連絡いたします。
※特典は、営業者の都合により内容が変更される場合があることをご留意ください。

特典❸ 「ハロー!RENOVATIONクラブ」への参加権

1口(5万円)以上

当サイトのクラウドファンディングに出資いただいた方を中心とした投資家コミュニティ「ハロー!RENOVATIONクラブ」にご参加いただけます。本ファンドへの参加をきっかけに、今後も皆さまと「共創」的な関係をつづけていくため、クラブでは以下のサービスを提供します。
1:ハロー!RENOVATIONクラブ・コミュニティイベントの参加ご案内
2:本施設を核としたUNKNOWN KYOTOの事業展開への参画の機会ご提供
3:ハロー!RENOVATIONで予定している資金募集プロジェクトの先行ご案内
4:その他、上記プロジェクトに関連するイベントの先行ご案内
「ハロー!RENOVATIONクラブ」によって、新しい投資家ネットワークが生まれます。空き家や遊休不動産の再生・利活用に興味がある人、地域づくり・まちづくりを持続的な事業として考えている人、想いのある投資でまちづくりに参加したい人、そういった方々が出会い、交流することができるコミュニティを目指します。

投資メリットは「お金」だけじゃない。

私たちは、これまで知り合ってきた、これから知り合う、投資家が「あなた」だったらどうだろうと考えます。投資メリットの「金銭的リターン」だけではありません。施設を体験し、出会いを広げる、「参加・体験への投資」。様々な「投資家特典」を楽しんでいただければと思います。興味・関心を持った投資家が集合するネットワークに参加することが、投資家メリットそのものを育てることができると信じています。

京都に「2つめの家」を持つ体験を味わってみたい…。京都における「観光の先」をコリビングという新しい施設運営の中で実感したい…。 「五條楽園エリア」全体のまちの変化に興味・関心がある…。 「投資型クラウドファンディング」の仕組みによる仲間づくりに可能性を感じる…。一緒に創っていきましょう。「ハロー!RENOVATION」独自の投資の未来へ。あなたの参加を歓迎します。

ご質問等は、FAQページをご参考ください。他にもご不明点がある場合はお問い合わせページからお気軽にお問合せください。

SDGsへの貢献

多様な世代が交流しながら心身の健康促進に取り組める施設を目指し、地域住民の意見をヒアリングしながら、一人ひとりのニーズに寄り添った事業コンセプトを検討。場の設計やサービス内容に活かしています。

地域の課題解決のための事業拡大や新規事業の立ち上げ促進のため、事業に共感する人たちからの小口投資で資金を集めて事業運営を行う「投資型クラウドファンディング」のプラットフォームを構築しています。

「参加型のまちづくり」を掲げ、地域住民やまちに関心のある人が主体的に地域活性化やまちづくりの事業に参加できる仕組みを提供。空き家活用や多用途施設の運営など持続可能なまちづくりに貢献しています。

補足情報:リノベーション計画

京都らしい奥行きがあり、中程に坪庭のある建物は北棟と南棟の2棟が連続して建っています。モザイクタイルの玄関スペース、舟形天井の格式高い和室、国籍不詳の不思議な四畳半等、お茶屋建築ならではの独特な造りをなるべく活かしながら、多様な人が集える、様々な要素が詰まったコリビング施設として生まれ変わらせます。

(写真)既存南棟1階 / 既存北棟1階の玄関 / 既存南棟2階の個室

南棟1階には、ドロップイン利用も可能なコワーキングスペースとシェアオフィスが併設、ゲストハウスの滞在者も使えるフリースペースやシェアキッチンも設けられます。

北棟1階には飲食スペースが設けられ、朝食からランチ、夕食まで1日中誰もが訪れ、会話を楽しめる場がつくられます。坪庭を挟んで奥は宿泊スペースになります。

両棟とも、2階部分は宿泊スペースとなり、お茶屋建築ならではの雰囲気を残した個室の他、プライベートスペースを確保しながらコンパクトな滞在が可能なポッドタイプの空間もご用意します。

建築設計:一級建築士事務所エキスポ
http://www.expomade.com/

利用料金(予定)
・ポッド宿泊料:4,500円/泊~
・個室宿泊料:9,000円/泊(シングル)~
・コワーキングスペース利用料 10,800円/月~
(※ドロップイン利用可の予定)
・シェアオフィス利用料:30,000円/月~

補足情報:対象エリア「五條楽園」

五條楽園と呼ばれるエリアは、鴨川に架かる「五条大橋」の西南方を静かに流れる高瀬川沿いに広がります。もともとは、五条新地、六条新地、七条新地という隣接する複数の“遊廓”が大正時代に合併して出来た花街ですが、昭和32年の売春防止法施行後、五條楽園と名を変え、芸姑一本の花街として、平成23年まで営業が続けられてきました。最盛期には150軒ものお茶屋や置屋があったそうです。

その歴史もあって、時代から取り残された五條楽園には、結果として町家とも異なる独特の「お茶屋建築」や、戦後に生まれた特殊喫茶で、ガラスやタイルをファサードに用いた「カフェー建築」など、とても貴重な建築物が数多く残されることとなりました。

五條楽園には、多くの他のまちからは消えてしまった強烈な個性と歴史が残っており、その価値が見直されてきています。近年では少しずつ建物の利活用が進み始め、雰囲気を生かしたゲストハウスやカフェ、マイクロブルワリーなどができつつあり、京都の知る人ぞ知るエリアとして注目され始めています。

一方、インバウンドの増加をはじめとして、京都のここ数年の変貌ぶりは年々勢いを増しており、五條楽園にもスクラップ&ビルドによる開発の波が押し寄せ、貴重な風景が急速に失われつつある状況です。見直され始めたばかりの五條楽園の価値を今後いかにエリアの魅力として継承していくのかが、大きな課題にもなっています。

補足情報:運営者について

ファンド運営者

本事業は当サイト「ハロー!RENOVATION」を運営する株式会社エンジョイワークス(以下、エンジョイワークス)が行います。地元エリアでのこれまでの様々な場づくりの実績を活かし、本ファンドを運営します。

事業運営者

UNKNOWN KYOTO .LLP(UNKNOWN京都有限責任事業組合)
下記3社による有限責任事業組合により、当施設を賃借し、運営業務を行います。

株式会社 八清

https://www.hachise.jp/

八清は創業60年を超える不動産会社。おもに木造伝統住宅「京町家」を中心とした中古再生・再販事業を行っています。古いほどに高まる「経年美」に価値を見出し、リノベーションで他にはない付加価値をつける家づくりが得意です。住宅を中心に、宿泊施設、シェアハウス、マンスリー短期賃貸を手掛け、近年ではコミュニティを重視するコワーキングスペースやコレクティブハウスなど大型物件のコンバージョンも試み、古い建物の保存再生とともに空き家問題の解決策を提案し、京都の町づくりに貢献できるよう取り組んでいます。

「京町家」を中心に中古再生・再販事業を手がけ、コミュニティイベントを開催し、コワーキングスペースの運営も。


株式会社 OND

https://ond-inc.com

温度感のある、もの、こころ、つながりをテーマに創業。不動産を嗜むエンターテーメント・サイト『物件ファン』を運営。「毎日でも見て楽しい不動産サイト」として多くの「物件ファンのファン」の輪が広がっています。オンラインだけでなく実際に不動産を所有・管理する事業にもチャレンジしようとしています。また、トレイルランニングのコミュニティサイトなど、IT分野に於ける新規サービス開発にも取り組んでいます。


株式会社 エンジョイワークス

https://enjoyworks.jp

鎌倉発のまちづくり会社。行政や事業者任せにしない「まちづくりや家づくりのジブンゴト化」による豊かなライフスタイル実現をテーマに不動産及び建築分野において事業展開を行っています。2018年5月、国内初の小規模不動産共同特定事業者登録を完了し、空き家・遊休不動産に特化したまちづくり参加型クラウドファンディング「ハロー!RENOVATION」を展開、「まち」「ひと」「お金」の新たな関係性構築に取り組んでいます。(2019年3月、小規模から通常の不動産特定共同事業者となりました。) また子会社の株式会社グッドネイバーズによって、シェアオフィス「Satellite YUIGAHAMA」「Satellite ROKUJIZO」、カフェ・ギャラリー・設計事務所等からなる複合施設「HOUSE YUIGAHAMA」、湘南エリアのアーティストと共創した宿泊施設「Hostel YUIGAHAMA」「The Bath & Bed Hayama」など、場の運営も行なっています。

「みんなで一緒にまちづくり」がテーマ

トップへ戻る

不動産特定共同事業者

会社名 株式会社エンジョイワークス
所在地 神奈川県鎌倉市由比ガ浜1-3-1-2F
許可番号 金融庁長官・国土交通大臣第114号
代表者 代表取締役 福田 和則
不動産特定共同事業の種別 第1号、第2号、第3号及び第4号
(電子取引業務を行う。)
業務管理者 小川 広一郎
代表電話番号 0467-53-8583

トップへ戻る