まちづくり参加型クラウドファンディング

帰りたくなる宿をつくろう!「みんなの実家」のような場を目指して

佐藤穂奈美 / ハロリノ編集部

ハロリノプロデューサーの佐藤です。

今日はコンセプトのお話の続きです。

前回の記事はこちら
日本の暮らしを楽しむ葉山の平屋、みんなでつくる空き家再生プロジェクト始動

平野邸は「日本の暮らしをたのしむ」ということが重要なコンセプトのひとつですが、もうひとつ大切にしていることがあります。

それは、みんなが実家に集うようにくつろぎ・ひとがつながる場所にすることです。

おばあちゃんちに帰ってきたようなきもちになる家

はじめて平野邸にいくと思わず、「ただいま!」と言いたくなるような気持ちになります。

縁側のある部屋。長い縁側。
なつかしい絵本。
陽だまりがきもちよくて、思わず昼寝したくなる窓辺。
くつがいっぱいの玄関。

9月のイベントをしたときには、お盆に実家に帰ったみたいでした。

私たちは、この家を単なる宿ではなく、「地域の実家」に、そして「みんなの実家」にしたいと思っています。

このおばあちゃんちのような家には、地域のひとがつかえるスペースをつくる予定です。

そこでは、日本の暮らしにまつわることができます。梅ができたら梅仕事をしたり、秋にはさんまを焼いたり。シェア畑を作って地域のみんなが育ててもいいし、旅行にきたひとが植えて、また、収穫できる頃に泊まりに来てもいい。

旅行に訪れたひとはそんな地域のみなさんと交流することもできるし、葉山の暮らしを体験することもできます。

日本の暮らしをたのしめる、みんなの実家みたいな宿。

いっしょに葉山暮らしをたのしみましょう。

【イベント情報】
平野邸にてイベントを開催します!
・実際に平野邸を見てみたい
・宿づくりに興味がある
・家庭菜園をしてみたい
そんな方はぜひお気軽にご参加ください。

イベント情報はこちら

 

FBページにて随時情報発信中です!
ぜひページをフォローし、最新情報をお見逃しなく!
https://www.facebook.com/hiranotei.renovation.pj/
ハロリノSTORIES一覧へ戻る