ハロー!RENOVARTION

ハロー!RENOVATIONとは? menu

集え!想いある空き家と挑戦者!空き家再生セミナー2020 in 名古屋 開催レポート

江口 慶祐 / ハロリノ編集部

こんにちは、ハロリノ編集部の江口です。全国6カ所を巡回する、空き家再生セミナー2020。 名古屋で 2020 年 2 月 13 日に開催されました。40 名ほどのみなさんにご参加いただきあり がとうございました。この日、私は、ほぼ始発で鎌倉駅を出発し、午前中のうちに名古屋 駅に到着。事前打ち合わせへ。名古屋駅周辺は、空を埋め尽くすほどの高層ビルが立ち並 び、多くの車や人が行き交っています。

小学校をリノベーションした起業支援施設「なごのキャンパス」

空き家再生セミナー会場は、名古屋駅の徒歩圏内に位置する「なごのキャンパス」。 「旧那古野小学校」をリノベーションし、コワーキングスペースやシェアオフィスなどの 機能を持った、インキュベーション施設として生まれ変わっています。 跳び箱をリメイクしてつくったテーブルなど、所々に小学校のおもかげがあり、ふとした 瞬間に懐かしさを感じます。準備を整え、開場しましょう。
地域で空き家再生に取り組むゲストを招いて開催している当セミナー。名古屋会場のゲス トスピーカーは、株式会社 On-Co の水谷岳史さんと藤田恭兵さんです。
On-Co 社は、これまで、愛知県名古屋周辺を中心に、空き家をリノベーションし、個室の ないシェアハウス・飲食店・レンタルスペースなど、計 10 件ほどの拠点の運営に携わって きました。実際の取り組みを例に、空き家再生の課題や可能性についてお話しいただきま した。

「温故知新」。昔ながらの文化や価値を取り入れた新しい空間づくり

株式会社 On-Co という社名の由来でもある「温故知新」。この言葉の通り、昔ながらの文化
や価値を、現代に受け継ぐ空間づくりに取り組んでいます。
「空間は人が育てる」という考えのもと、空き家再生に誰もが関わることのできる「関わ りしろ」をつくることが、関わってくれる人たちのジブンゴト化に繋がり、自分たちが抜 けても自走できる場を作ることができるのだそう。

古い一軒の空き家が、コミュニティの拠点に

空き家の再生に取り組むようになったきっかけは、メンバーの一人が古い一軒の長屋を見 つけ、水谷さんと一緒に自らでリノベーションをして生活を始めたことでした。二人で相 談・協力しながら空間を作り上げていったそうです。
多くの友人が遊びに来るようになり、居つく人に対して、家賃をいただくようになりまし た。そうやって一人、また一人と住人が増えていき、次第に「シェアハウス」のような形 に。シェアハウス住人として近所にも友人たちにも認知され、半径 1 キロ圏内に 6 件の拠 点を作りコミュニティを形成されました。(現在は全て譲渡済)

コストが安い空き家を活用して、目指す世界

水谷さんが空き家を活用する理由は、コストが安いから。コストが安いからこそ、たくさ
んのことに挑戦することができます。
空き家を挑戦のフィールドにすることで、挑戦する人が増え、おもしろい世界になる。そ んな想いから、「空き家を借りたい人」の支援を始めています。
そこで始めたのが、空き家見学ツアー。ツアーを行っていると「空き家を活用したい人」 がたくさんいるということに気づかされました。

空き家が市場に出回らない理由

現在市場に出ている空き家は、全体の 10%と言われています。残りの 90%の空き家は「時々 利用する」「老朽化して住める状態ではない」などの理由で、大家さんが貸しに出していな いケースが多いようです。
では、大家さんが空き家を貸しに出しやすくするには? それは「入居者が安心な人であることや、空き家の利用目的が事前にわかる」こと。

しかしながら、現在の業界の仕組みでは、仲介業者を間に挟むため大家さんと借り手で直 接話しをする機会が少なく、空き家を貸しに出しづらい状況のようです。

人と空き家を物語で繋げる「さかさま不動産」

株式会社 On-Co は、従来の仕組みのように、借り手が不動産を選ぶのではなく、大家が借 り手にアプローチし、「市場に出ていなかった空き家」と「借りたい人」をマッチングする 「さかさま不動産」というサービスに取り組んでいます。
それぞれの想いのこもった空き家と、志ある挑戦者のマッチングを行い、人と人とのコミ ュニケーションが物件の貸し借りを通して生まれる。
さらには、世代を超えたコミュニケーションが生まれ、伝統や物語が受け継がれていく。 水谷さんは、空き家をフィールドに、日々新たな未来をつくっているのだと思います。

空き家からコミュニティを生み、地域活性を促進する

名古屋では、空き家を起点に地域のコミュニティが生まれ、地域ぐるみでプレイヤーを応 援できる社会を実現していく、素敵な取り組みをお聞きすることができました。
参加型でコミュニティや地域の新しい形を模索する水谷さんの取り組みは、「ハロー! RENOVATION」が進める参加型のまちづくりに通ずる部分も多く、私たち自身とても学び のある時間となりました。
何回でも挑戦できるまち、そして失敗できるまちを、みんなと一緒につくり上げるべく、 地域に溶け込み、日々挑戦を続けていきましょう。

セミナー当日の様子はこちらから

当日の様子を動画でもおさめてきました。ぜひご覧ください。
https://youtu.be/wNmV_ARCARQ

ハロリノSTORIES一覧へ戻る