ハロー!RENOVARTION

ハロー!RENOVATIONとは? menu

面白法人カヤック CEO 柳澤大輔さん vol.2 地域と関わり合い、貢献し、ともに成長するのが次の時代の 企業のあり方。

ハロリノ編集部

面白法人カヤックの代表、柳澤大輔さんのインタビュー後編では、柳澤さんが、 鎌倉、そして“地方”の可能性をどのように見ているかを掘り下げる。

柳澤大輔(やなさわ だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役 CEO(最高経営責任者)。1974 年生まれ。98 年、 学生時代の友人 3 人でカヤックを設立。2002 年 9 月、鎌倉に本社移転。13 年 に鎌倉を拠点にする企業とともに「カマコンバレー」を設立(現在の名称はカマコン)。

 

■鎌倉に根ざす企業とともに、新しい時代に即した経済圏をつくる

−鎌倉市では“観光で遊びに行くまち”から“働くまち”へとイメージチェンジ をはかろうと、市内での創業や企業のサテライトオフィス設置を促進する事業 などをサポートしています。この動きについてはどうお考えですか。

柳澤:今、地方創生という国を含めた大きな流れがあります。そういう流れが 生まれている背景には、豊かさの定義の変化があるんじゃないかと思います。 つまり、一極集中とか儲け第一主義みたいな資本主義の究極形ではなく、それ ぞれの価値観があり、幸せの形も様々、というあり方です。そういう方向に人が進化しています。
鎌倉に住んで働き、地域に還元するということを促進するのが「働くまち鎌倉」の考え方で、これは今言ったような国全体の流れと人の進化、どちらともマッチしているし、いいことだと思うので応援したいです。実現できるかどうかは、僕らがどこまで頑張って協力するかにかかっていると思っています。


—具体的に、どのような協力をお考えですか。

柳澤:カヤックの本社は鎌倉ですが、横浜に支社があり、社員の大部分が横浜 にいます。それをもう一度鎌倉に戻します。そして鎌倉に住む社員を会社がサ ポートして、職住近接型のライフスタイル、ワークスタイルを推進していこうと考えています。
鎌倉の新たなオフィスは、ファブラボ(※)的な機能もあるので、地域にも解 放していこうと考えています。手始めに先日、子供たちがクリエイターに教わりながらものづくりをするワークショップを開催しました。

ワークショップ

(※)ファブラボ=ドライバーやヤスリ、レーザーカッターや 3D プリンターな ど、アナログからデジタルまで多彩な工作機械を備え “ものづくりの民主化” を目指す工房のこと。カヤック鎌倉オフィスも広く市民に開放される予定。

柳澤:鎌倉の生態系保全に取り組む会社に出資して、連携を進めようとも考えています。
先ほど「従来型の資本主義は、新しい資本主義に置き換わっていく」と言いましたが、資本主義そのものを否定しようとは考えていません。そもそも僕らは 株式会社ですから。でもこの新しい世界で成長するには一社だけではどうにも ならないので、同じ思いを持ち協力し合える会社を増やし、経済圏をつくりた いと思います。それを持続するためにも、地域に貢献する会社がいいと考えて います。たとえば儲け第一主義の会社は何かあればすぐ別のエリアへ移ってし まうかもしれませんが、地域に根ざすことを考えれば変なことはできないです し、長期的な視点で地域との関係を考えるでしょう。そういう会社と組んで、お互いの成長にコミットしつつ地域にも還元していきたいんです。

−鎌倉にこだわる理由は何でしょう。

柳澤:鎌倉というより、多様であることにこだわっています。鎌倉で完結するつもりもありません。カヤックとしてはまずは鎌倉でしっかりやって、ほかの 地域への展開はそれからですね。僕はカマコンと企業の活動はセットだと思っています。社員がカマコンのよう な地域活動に参加することを推奨していくと、地域も企業も盛り上がりますよ ね。カマコン単体では楽しいだけになってしまいますが、そこに企業が携わっ ていくことで実効性のあることができると思うんです。

—「地方創生」の流れはビジネス的にもチャンスがあると感じますか?

柳澤:そうですね。国も力を入れているという大きな潮流がありますし、個人 レベルでも地方で働きたい人が増えているんじゃないでしょうか。さらに、多様な働き方ができるようになったことで、企業の考え方にも変化が出てきたよ うに感じます。
ただ、地方で働きたいという人が増えているとはいっても“地方ならのんびり できる”といった感覚の人が集まってしまうのも違うと思います。企業側も地 方から世界で戦うぞ!というくらいの気概がないと、本当の意味で「地方創生」はできないと思います。

柳澤さんがめざすのは、利益を追求するだけではなく、地域と関わり合い、と もに成長する会社のあり方だ。これからのカヤックの鎌倉での挑戦と、さらな る進化が楽しみだ。

インタビュー風景

前編

ハロリノSTORIES一覧へ戻る