ハロー!RENOVARTION

ハロー!RENOVATIONとは? menu

葉山町一色の“ものづくりシェアハウス”完成! お披露目イベントレポート

ハロリノ編集部

1月より進めてきたものづくりシェアハウスプロジェクト
いよいよ現地が完成し、お披露目も兼ねたイベントをオンライン、オフライン同時進行のハイリッドで開催しました。リノベーション後の現地の様子、オーナーである能條さんのインタビュー、現地のものづくりの様子を合わせてレポートします。

リノベ完成、中の様子は?

レンタルスペース、作業場として使用
キッチンの収納も充実しています
開放的なキッチンとダイニング
2階ゲストルームの1室、角部屋で窓も広く取られ開放感があります

もともとキレイにされていた室内ですが、床、壁、天井の修復行いシェアハウスという用途に合わせて建具や照明の追加を行いました。2階は計3部屋だったところを4部屋とし、1階の和室はアトリエとしてもレンタルできる洋室に

バーチャルツアー中に注目したのが壁の色。白く見えますが実は薄くグレーが入っています。真っ白よりも室内が落ち着いて見えることから能條さんの叔母であり建物の設計者である小谷部育子さん提案されそうです
階共用リビングの床材はPタイルの仕上げにしため、ミシンや裁縫関連の作業をしても非常にお掃除がしやすいのです。
こういった細かな部分にも能條さんのこだわりと配慮が感じられます。
育子さんの意図である、プライバシーは保ちつつ、人のぬくもりを感じられる点をしっかりと押さえた、まさにコレクティブハウジングの思想を継承してい仕上がりになっているのが印象的でした。 

シェアハウスの名称も発表! オーナーの能條さんにインタビュー

イベント中、能條さんにインタビューを行いました。
まず気になるところがシェアハウスの名前です
名前はSOU Hayamaに決定いたしました。今回のネーミングには以下のつのSOUが込められています。

創・・・創るを楽しむ
想・・・設計者である小谷部育子さんの想いをつなぐ
・蒼・・・窓から臨む葉山の蒼い空

前回のイベント時に参加者のみなさんからネーミングのヒントをいただき、上記の名前となりました。みなさんがこの建物についてしっかり考えてくださったことがとてもうれしかったです。ありがとうございました 

――完成したシェアハウスの感想はいかがですか?
「住人との距離感、採光や風の抜けなど、まさに設計た小谷部育子の想いが大事にされていると感じています。

――このシェアハウスのこだわりのポイントはどこですか?
「リビングが明るく開放的で、作業台を中央に設置したので、今日のようなワークショップを行なうのに適した良い場所になったと思います。」 

――今回のプロジェクトを「参加型」で作ってみての感想はいかがでしょうか?
「参加型にしたからこそ、これまで知り合えなかった方々とのつながりが広がっていく事を実体験できたのだと思います。このプロセスは自分ひとりではつくることができなかったと思います。
その道のプロでなくても自分なりの創作活動をしている人にぜひ住んでいただけたらと思っています。シェアハウスに集まるメンバーで葉山芸術祭に参加してみたいですね。これからが非常に楽しみです

ものづくりを楽しむ、オーナーの能條さん(写真中央)

みなさん黙々と作業に没頭!現地のものづくりの様子

同時刻に1階ワークショップスペースで行われたワークショップでは、講師のNakaさんにアフリカ布をお持ちいただき、能條さんのご実家にある着物の生地と合わせて、施設内に飾るガーランドとタペストリーを作成しました 

どの素材を使うのかをイメージし、型に合わせ切っていきます
全体のバランスを見ながら縫い付けていきます
和の要素とアフリカンの要素が交じり合ったガーランドが完成しました
タペストリーは着物の素材中心で、壁にも映える素晴らしい仕上がり!
ハギレの素材でコースターを作り、参加者の皆様にお持ち帰りいただきました

オンラインで見学ツアーをしている最中もみなさん黙々と作業されているのが印象的でした。
着物の生地は、能條さんのおばさまが集められていたものとのことで、このあたりにもSOU Hayamaのネーミングの由来のひとつである「想いをつなぐいうことが表現されています 

完成後の作品を眺めながら、「次はマスクを作りたい」「ダーニング布にあいた穴を繕うための刺繍技法挑戦しましょう」「毎週水曜日に腰越でもっているのでそちらでいかがですか」など、自然とコミュニケーション生まれているみなさんを見て、まさにものづくりを通じてコミュニティがつながり、広がっていくのだということを実感しました。 

お互いのプライバシーを保ちつつも、ものづくりという共通のテーマをもった仲間と暮らしていく、そんな場所が葉山にまた一つ増えたことを感じられたイベントとなりました。

みんなでの集合写真。みなさんお疲れさまでした!
※撮影のためにマスクを一時外しています。
ハロリノSTORIES一覧へ戻る