ハロー!RENOVARTION

ハロー!RENOVATIONとは? menu

冷泉小屋を起点につながる人、ひろがる人

ハロリノ編集部

こんにちは。ハロリノ濱口です。
長野県と岐阜県の県境、日本百名山でもある乗鞍岳の中腹に位置する山小屋「冷泉小屋(れいせんごや)」を、世界中どこにも存在しない新しい山小屋に再生したい、そんな思いで始まったプロジェクトは、この春から秋にかけイベントを重ねることで、多様な人々が、次々と仲間に加わってくれています。

まずはこれまで行ってきたオンラインイベントの概要を紹介します。
配信した動画はすべて視聴できるので、どれを観ようか考えながら、ぜひ読んでくださいね(アドレスは記事最後に掲載)。

山小屋ブレスト、あふれるアイデア

1回目はキックオフイベントとして、ざっくばらんにブレインストーミング。
出るわ、出るわ、楽しいアイデア。
これまでの「登山のために体を一時休められさえすればよい」といった「中継点としての山小屋」の価値から、「目的地としての山小屋」とはいったいどんなところなのか、そこで何をしたいのか、普段から山に登る人から、ほとんど登山経験のない人まで、自由にコメントし合い盛り上がりました。
下記は、そのほんの一部です。

建築家ならではの視点にワクワク

2回目は、建築設計担当予定の建築家ユニット「o+h(オープラスエイチ)」の大西麻貴さん、百田有希さんをゲストに迎えてのイベント。
同業の私は知っています、彼らが若手注目株の建築家であることを。
建築のデザインを言葉で語ることは難しいですが、あえて表現するならば「柔らかな空気感をまとう建築」をつくる人たちだなあという印象でしたが、イベントでのお話から感じる人柄、3人とも、まさにそんな感じでした。
でも抽象的だから分かりづらいということはなく、曖昧な形容詞的表現も、彼らなら最終的に建築というカタチに落とし込んでくれるのだろうと楽しく想像させてくれる会話は、聴いていて爽快です。

実際、大きな模型もつくってくれていたので(さらりと書いていますが、なかなかな作業ですよ)、視聴されていたみなさんもワクワクと彼らの語りに乗って、さまざまなコメント、アイデアを寄せていました。

さらに、この日のイベントでは、なんと「グラフィックレコーディング」の試みも。グラレコと略されることもありますが、イベント内容を、議事録のように文章だけで残すのではなくそのままライブで絵でも表現していく手法です。
今回はプロジェクトリーダーである村田さんたちの方で<落描人カエルン>さんに依頼して実現。その場でどんどん描き進めていく勢い、そして似顔絵がうますぎ、思いがけないアミューズメントでした(下記画像は前編。アイデア出しの後編は、ぜひFacebookページでチェック)。

現地からお届け、現オーナーに聞く山小屋運営

3回目は、なんと現地、冷泉小屋からの生配信。
プロジェクトリーダーから、現オーナーである筒木東洋男さんに山小屋運営のリアルをお聞きする会でした。

昔の冷泉小屋の写真(画像中央)も飾られたアットホームな雰囲気の中でお届け。
途中、この昔の建物が火事で全焼するも、利用者さんらの援助などで建て直すことができたお話なども登場しました。
火事の事実だけ聞くと、かなり重めなお話ですが、筒木さんの落ち着いた語りはまるで物語のよう。
このお話、今回のみんなでつくっていくというプロジェクトの考え方、そして投資型クラウドファンディングでみんなからお金のサポートもしてもらい工事を進めていく計画が、予期せずして、冷泉小屋の昔のストーリーともつながった瞬間で、興味深かったです。

さぁ来シーズンに向けて備えよう、進む事業計画

冬は雪に閉ざされた世界となる乗鞍岳。
冷泉小屋も来シーズンに向け、窓や扉を閉ざす作業を行い、いったん冬眠モードです。
ただ実は、がんばりどころはいま、この夏までの間に、みなさんからいただいた、たくさんのアイデアを事業計画としてまとめていく計画。
春までには、ハロー! RENOVATIONでの投資募集を開始し、DIYイベントや夏の一部オープンを目指します!

まだまだ関わりたい人募集、次はサイクリストの回だ

冷泉小屋での偶然の出会いからイベントにも参加いただいていたスポーツジャーナリスト、ハシケンさんこと、橋本謙司さんと、次回イベントは行います。
新しい山小屋を目指すからこそ、登山利用以外にもさまざまな人に関わってもらいたいなあと村田さんたちが考えていた中で「自転車」は大きなテーマになりそうだと気づきました。
自転車レースとしては国内最高所を走る「乗鞍ヒルクライム」が毎年開催されることもありますが、本格的なロードバイクだけでなく、スポーツタイプの電動アシスト自転車「eバイク」なども加えた、みんなが楽しめる場を、次回は「サイクリスト」という切り口で12月12日(土)に考えていきます。

◆次回イベント「ハシケンさんと語る! 乗鞍と冷泉小屋とサイクリスト」の詳細、申し込みはこちらから
https://www.facebook.com/events/386680579446647

冷泉小屋プロジェクトにあなたはどう参加する?

冷泉小屋のホームページには、プロジェクトへの参加の仕方を紹介しています。興味、関心のある部分でプロジェクトに加わってください。
これまでのイベントも動画でこのページからアクセス可能です。

ウェブサイト
http://reisenhutte.mystrikingly.com/

とりあえず、最新YouTube動画をチェックしてみるだけでも楽しいですよ!
「冷泉小屋2020〜秋〜」(秋の山小屋と乗鞍の風景)
https://youtu.be/Jx2e0C4uw9U

進捗を知るならフェイスブックページをフォロー!
すでに800人以上の方にフォローいただいています。
Facebookページ
https://www.facebook.com/ReisenHutte

Instagram
https://www.instagram.com/reisen_hutte/

 

ハロリノSTORIES一覧へ戻る