ハロー!RENOVARTION

ハロー!RENOVATIONとは? menu

「人とのつながり」が不動産を蘇らせ、まちをつくる、 全国空き家再生セミナー2020 in福岡

濱口 智明/ハロリノ編集部 / ハロリノ編集部

2020年9月開校の「次世代まちづくりスクール」。ここでは、まちづくりに必要な知識や人とのネットワークを活かし、実践的な解決ができる人材育成を目指します。
このスクールを立ち上げるきっかけとなったのが、これまでエンジョイワークスが取り組んできた「空き家再生プロデューサー育成プログラム」や「全国空き家再生セミナー2020」でした。

こんにちは!ハロリノ編集部の濱口です。2020年は年明け早々から、日本全国を動きまわっていた日々で始まりましたが、その後のコロナ。ウィズコロナな今、あのわずか数ヶ月前がまるで別世界のようです。

この記事では、全国6箇所で開催された「全国空き家再生セミナー2020」、1月15日の福岡を振り返ります!

福岡はリノベの熱で沸騰中

福岡の会場は大盛況。昨年末に実施した、2日間ぶっ通しの「空き家再生プロデューサー育成プログラム」も福岡は最多人数の参加でした。「空き家再生」に激アツな人が多いことはわかっていましたが、今回も九州各県から集結いただきました。

福岡に「空き家再生」や「リノベーション」が根付いている背景には、今回ゲストでご登壇いただいた株式会社スペースRデザイン/吉原住宅有限会社、代表の吉原勝己さんの存在があります。


リノベ先駆者のお話は、やはり強く響きます

吉原さんのご活動は2000年代初頭から。築50年以上の賃貸マンションを1室ずつリノベーションし、空室を埋めていくところからスタートします。新築至上主義の時代に「ビンテージマンション」という概念を打ち出し、デザイナーズからDIYリノベまで部屋毎に装いの異なるリノベーションならではの自由で楽しい世界が、福岡発で創り出されていきました。

「リノベーション」という言葉もまだ一般的でなかった時代に、吉原さんのチャレンジは進み続けます。大事にしているのは、「人とのつながり」。物件再生とコミュニティを組み合わせたのです。入居者が改修工事に一緒に取り組む「リノっしょ」等の仕組みにより、オリジナリティと入居者の愛着が両立した部屋がたくさん生まれました。

 

「冷泉荘プロジェクト」は、博多のビンテージビルを1棟まるごとセルフリノベーションし、現状回復不要の仕組みで、クリエイティブでカオスな場となっています。物件再生に「人」が深く関わることで、まちに文化が生まれた好事例と言えるでしょう。

キーワードは「人とのつながり」

ここ数年の吉原さんのご活動は、さらに多岐にわたります。久留米での団地再生では、改修工事の枠を超え、コミュニティづくりであり、まちに有益なプレイヤーをつくっていく起点として機能しています。「人とのつながり」が、結果的にまちをつくっているんですね。

長年の吉原さんのご活動がネットワークとして結実したものが「福岡DIYリノベWEEK」です。福岡周辺の14都市を舞台に、リノベ物件ツアーなどで、お互いの知見を共有し、さらに人と人とがつながるイベント週間です。入居者として、大家さんとして、事業者として、空き家再生をきっかけに、まちを面白くしようとする人たちと出会えます。

通常の不動産事業者が考えもつかなかった試みの連続が、果ては不動産の価値になり事業としても成立することを、長年の実績と経験で優しく語っていただいた吉原さん。

ありがとうございました!

産・官・学・金 連携のまちづくりと、不動産特定共同事業や小規模特定共同事業を用いた資金調達

ゲストだけでなく、セミナーは情報満載の1日です。『「産・官・学・金」 連携して進めるまちづくり事例』をテーマに、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社の後藤佑介さんのお話で、選択肢の幅を知ることができました。

セミナー2では『不動産ファンドのスキームと小規模不動産特定共同事業者への登録』をテーマに、日本橋くるみ行政書士事務所の、石井くるみさんのお話。空き家再生で最終的にネックになりがちで、だからこそ事業展開の要点でもある資金調達の分野についても知ることができました。

「人」に根差せば、応用が効く

質疑応答タイムではたくさんのご質問をいただき、おおいに盛り上がりました。

九州各地からご参加の皆さんの中から、「福岡の市街地でやれたことを自分たちの地元でもできるのでしょうか?」というご質問も。

これに対し、ここ数年は各地でご活動されている吉原さんから「その土地に合わせた無理のない、人の数や距離感など関係性をつくっていく。つまり”人”に根差せば、その土地にマッチしたプロジェクトを進めていけるでしょう」といった心強いお言葉をいただきました。

同時に「いくつかパターンを分けて考えていくことはできそう。エンジョイワークスさん、そのあたりぜひご検討ください!」と、しっかりとボールもいただきました。

こうやってネットワークとなり、ネクストチャレンジにつながっていくのだなと強く実感し、充実した1日を終えることができました。

\まちづくりについて仲間と一緒に学びましょう/
「自分もまちを盛り上げたい!」そんな熱い想いを持った皆さん!
同じ志をもつ仲間と共に、知識だけではない実践的な学びを得ることができる場が誕生しました。
オンラインとオフラインを組み合わせ、自分に合った学び方を選択できます。

現在、入学受付中です!
くわしくは次世代まちづくりスクール公式サイトをご覧ください。

ハロリノSTORIES一覧へ戻る