ハロー! RENOVATION

福岡、糸島半島にキャンプ場をつくる。 妄想会議を実現させよう!

ハロリノ編集部

福岡県糸島市を舞台に、糸島半島エコツーリズム協会が糸島をもっと気軽に楽しんでもらう拠点づくりに取り組む「二見ヶ浦プロジェクト」。「ふだんリゾート」をコンセプトに掲げ、まだ知られていない糸島のローカルな魅力に出会い、日常のように楽しめる場づくりに挑戦中。

今回は、4月10日に開催されたオフラインイベント「こんなキャンプ場あったらいいな!」の妄想会議をプロジェクトメンバーの日隈優輔(以下、優輔)と古川実果(以下、実果)で振り返ります。

優輔:実果さんは今回初めて糸島半島エコツーリズム協会主催のイベントに参加したわけだけど、頻繁に出てくる「ふだんリゾート」という言葉を聞いてどんなことを想像した?

実果:普通の生活の中で感じるちょっとしたリゾート気分みたいなことかな?と思いました。

古川実果さん。プロジェクトの情報発信などを担当している

優輔:そうそう、そんな感じ。そんな感じで、人それぞれ、暮らしの中に「ふだんリゾート」があるよね。今回のイベントは、キャンプ地をみんなで妄想して、そのアイデアをもとにDIYで実際に作っていこうというものだったけど、みんなの「ふだんリゾート」を聞き出すのも目的の一つだったりするんだよね。

実果:確かに「キャンプ地」の考え方や「リゾート」の考え方って人それぞれですよね。

優輔:うん。今回のキャンプ地の妄想も、「何もない、誰もいない場所でポツンと一人キャンプを楽しみたい」という声や「家族で快適に過ごすために、色々な装備が設置されていたら嬉しい」など幅広い意見が出たよね。

実果:その2つの意見は、両極端で両立が難しそう。

キャンプ場についてアイデアを出し合っている様子

優輔:だよね!でも、出てきた意見の中には共通点もある。例えば「自分(達グループ)の貸し切り」というのは、今回のキャンプ地の特徴だと思うよ。

実果:確かに!貸し切りは女性グループにとってもありがたい。気兼ねなく過ごすことができ、マイペースに楽しめる。しかも、温浴施設なども近くにあるのでいざとなったらお風呂も入れるし、レストランで食事も。アウトドアって必ずしも上手くいくことばかりじゃないから、こういう立地だとキャンプ初心者でも挑戦はしやすいかな。

優輔:いざという時にフォローがある安心できるキャンプ場って良いよね。
田舎すぎない、でも自然を満喫できる。
それに、このキャンプ場予定地にはちょっとした制約があって、水をたくさん使えない。

実果:逆に水が使えないところが、なんかガチっぽくて良い(笑)ずっと生活するわけじゃないからちょっと不便な方が楽しい。

優輔:だよね。実果さんは東南アジアや中央アジアを旅した経験があると言ってたけど、そんなシチュエーションもあった?

実果:旅先でお湯が出ない宿もありましたよ!最低限の水でシャワーを浴びた時もあって。あれは寒かったです。でも思い出に残るんですよ。

実果さんが過去に訪れたキルギスとトルクメニスタン

優輔:自分もレースでアフリカ行ったけど、ホテルじゃなくてキャンプ宿泊だったし、もちろん水も少ない、温度調整なんてもちろんない。アフリカの場合は、水のタンクから伸びるパイプが太陽光でカンカンに焼かれているから、ちょろちょろしか出ない水が、かなりの高温だったけど(笑)
同じく、思い出に残っている。

実果:なんか、こんなこと話していると「ふだん」ってとてもありがたく感じてきます(笑)

優輔:そうだね、日本のふだんはありがたい。生活しているだけで「ふだんリゾート」(笑)
安心、安全なキャンプ場っていいね。

日隈さんはプロのサイクリストとして世界各地でレースに参加。写真中央の黄色いウェアーを着ているのが日隈さん

実果:イベント中もかなりの意見が出てましたけど、これからどうやって形にするんですか?

優輔:次は、イベントで膨らんだイメージをまずは絵に描いてもらうことにしてる。ラフスケッチみたいなものを皆さんに描いてもらって、それぞれ発表してもらう予定。
それを、次のオンラインイベントで行うよ。

実果:今回はオンラインなんですね。

優輔:そうそう、オンラインにすることで全国からより多くの人に参加してもらいたいな。あと絵を見ながらの会だからオンラインと相性もいいはず。

\次回イベントは5月7日19時から!/
過去にイベントにご参加いただいた方はもちろん、キャンプやDIYにご興味ある方、糸島の新しい楽しみ方に興味のある方、ぜひお気軽にご参加ください!

<イベント詳細>
「理想のプライベートキャンプ場を語る作戦会議」
日時:5/7(金)  19:00〜21:00
形式:オンライン(Zoom)
▼参加をご希望の方はこちらまでご連絡ください。
info@enjoyworks.jp(担当:牧)
※お申し込みいただいた方へZoomのURLをお送りさせていただきます。

 

▼二見ヶ浦プロジェクトの過去の記事はこちら
「糸島の自然を守りたい」 二見ヶ浦プロジェクトにかける想い
「二見ヶ浦プロジェクト」スタート! ”ふだんリゾート”の実現とは?
福岡から糸島へ。 都市と地域のちょうどいい関係とは?
糸島で心と体を整える。新たな時代のフィットネスの拠点をつくろう
プロサイクリストのまちづくり!?自転車で巡るふだんの糸島
二見ヶ浦プロジェクト 都会から気軽に行けるふだんリゾート糸島へ
東京から自転車1.5時間で着ける場所

ハロリノSTORIES一覧へ戻る